1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:48:02.91 ID:yv8Ofscnr
ペスト

古代ギリシャローマが偉大すぎただけで他の地域と対して変わらんレベルに落ちたってだけちゃうの



4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:48:58.50 ID:5z8xYqtf0
黒死病やば杉内



6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:50:11.28 ID:yv8Ofscnr
>>4 
黒死病もヨーロッパだけで流行った訳じゃないんだよなぁ 
中国、中東でも甚大な被害が出てる 
そもそも黒死病の発生源は中国や 
なんでヨーロッパばっか言われるんやろな



15: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:51:57.76 ID:a7CwE60d0
>>6
ぺすとが流行ったのはモンゴル帝国のせいって聞いた



20: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:53:00.57 ID:S1cKJri/d
>>15
モンゴルが交通網整備した結果
交易だけじゃなく伝染病もな
あと攻城兵器で病人飛ばす



28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:54:12.74 ID:yv8Ofscnr
>>15
モンゴル「城壁都市うっざいなぁ...」
モンゴル「せや!投石機でペスト患者投げ入れたろ!」


許すな



36: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:55:50.15 ID:a7CwE60d0
>>28
抵抗するのが悪いんだよなあ・・・
おとなしく服属してれば何もされなかった模様



31: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:55:08.68 ID:Q+xXcnSOp
>>6
黒死病でヨーロッパばかりだされるのには原因あるんやで
その当時中国や中東では既に空気感染があかんのやな近づかないようにしとこ!くらいの知識はあった
薬草をマスクに詰めればヘーキヘーキとかやってたガイジはヨーロッパくらいやで



50: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:58:00.51 ID:yv8Ofscnr
>>31
ちなみに死者数で言えば当時先進国だった中国が一番多いんですがそれはどうなんですかね?
それにヨーロッパと一口にいってもポーランドなんかの東欧はアルコール消毒の概念持っていたからペスト死者が中等や西欧に比べ檄的に少なかった



52: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:58:27.81 ID:b8hKFyRAp
>>50
人口考えるんやで



8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:50:31.64 ID:1VJ+djYP0
さすがにうんこ路上に捨ててたのは中世ヨーロッパくらいだわ
猫でも砂かけるくらいの知能はある



112: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:08:34.60 ID:BUAjt6Z3a
>>8
古代ローマ時代からの伝統やからしゃーない



12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:51:21.23 ID:Ff6xaqVZa
キリスト教が暴れ過ぎた



22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:53:07.59 ID:yv8Ofscnr
>>12
東ローマ帝国もキリスト教立国やぞ
何回もいうがヨーロッパ暗黒時代にキリスト教は関係が無い



38: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:56:18.92 ID:1VJ+djYP0
>>22
キリスト教も一枚岩ではないからな



42: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:57:06.97 ID:nqtUzL9P0
>>22

宗教支配により自由な精神が抑圧されたのが暗黒の原因というイメージやけど?



63: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:00:11.48 ID:yv8Ofscnr
>>42
例えば資本主義を形成したピューリタンも宗教による精神支配という点では全く一緒や
むしろ初期のプリグリムファーザーズなんか禁欲主義者のガチガチの宗教ガイジや
けどそこから世界帝国たるアメリカが生まれたわけで、宗教による精神支配が必ず衰退を招くとは限らない



17: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:52:06.46 ID:yv8Ofscnr
それに文字による記録なんかも修道院やらがちゃんと継続してたし、キリスト教をきっかけにやけど芸術、学問の復興運動が中世にもあった
異民族にぐちゃぐちゃにされたにしては頑張ってるほうでしょ



40: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:56:38.59 ID:uIJCTND90
>>17
その修道院による記録が暗黒といわれるのひとつの要因じゃないですかね



16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:52:00.43 ID:S1cKJri/d
中世の範囲もヨーロッパの範囲も広すぎるんだよ



18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:52:23.47 ID:5kmdH4Jk0
中世ヨーロッパを具体的にいつくらいをイメージしてるのか知らんが他より劣ってた時代やろそこは



26: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:53:56.89 ID:zNNE8bFQ0
魔女狩りは近世なん?



30: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:54:55.17 ID:a7CwE60d0
>>26
中世にもあったけど一番数が多かったのが近世



47: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:57:44.51 ID:a7CwE60d0
とりあえずキリスト教のせいにしとけばええかの精神嫌い



35: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:55:39.07 ID:E2qhfmWaa
それは近代の革新性を強調するために中世が過度にsageられてた過去の歴史観の歪みだろ



37: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:56:11.06 ID:nqtUzL9P0
西ヨーロッパの荒廃とかいわれるわりには
はやばやとシャルルマーニュがフランス統一とかしとるだろ



78: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:02:38.90 ID:nqtUzL9P0
7世紀に西ローマ崩壊後9世紀にはカール大帝がフランク帝国の皇帝になってそれが神聖ローマ帝国につながるわけだから 
荒廃っていっても1世紀程度じゃねえ?



198: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:21:17.61 ID:bbFihjwoa
>>78 
西ローマ崩壊は5世紀 
486から711まではガチ暗黒時代やろ



39: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:56:30.10 ID:cEsCEXFvd
暗黒時代ではあるが後のルネサンスに繋がる時代でもある
というかお前らの中世ヨーロッパって何世紀?



45: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:57:24.93 ID:Tg9JL0P0p
>>39
1192年やで



48: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:57:48.33 ID:Jh//MfZsp
>>45
鎌倉幕府定期



44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:57:24.57 ID:QeEY9i/d0
エグい殺しとか拷問
処刑が娯楽

こんなん地獄やろ怖いわ



54: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:58:53.01 ID:a7CwE60d0
>>44
近代以前は世界中どこでも処刑が娯楽んだよなあ・・・



57: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:59:10.60 ID:nqtUzL9P0
プラトンすら禁書やったらしいからな
暗黒や



66: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:00:44.52 ID:a7CwE60d0
>>57
アンチ乙
文盲に読ませてもわからないからしょうがないね
ちな聖書すら読ませなかった模様



74: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:01:58.67 ID:6R3gmgrOa
>>66
ガバガバ過ぎて矛盾つかれそうやしな



58: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:59:11.05 ID:okxjMoKkH
ローマが崩壊したショックを引きずってる100-200年はガチな暗黒という噂もあるが
近年やとその後は中世なりの秩序はあったと言われている
それが近世の価値観に合わんだけで



59: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:59:29.26 ID:bCJu750B0
ルネサンスは近代の人間から見た古代の復興なんやが
その復興の輝かしさを際立たせるためには
中世の暗黒ぶりを強調する必要があったんや



268: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:29:15.84 ID:Irx4RbfL0
イスラム圏とかいう先進国の集い 
なお、十字軍などという野蛮な奴らの目の敵にされてしまう模様



305: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:33:02.60 ID:bbFihjwoa
>>268 
中東が以前から先進国だっただけでイスラム支配により後進化しつつあったように見えなくもない



60: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 14:59:51.61 ID:w7+HH2Cfa
中世ならイスラム帝国の黄金期なのに空気過ぎる
十字軍の捕虜を殺さず解放するサラディンとか当時最強のモンゴル軍を撃退したバイバルスとか役者揃いなんやで



69: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:00:55.85 ID:Ff6xaqVZa
>>60
バイバルスは知名度がね?
何かの漫画の主人公みたいな奴だけど



91: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:04:48.07 ID:zQU0lt0R0
>>60
そういや十字軍がテーマのクルセイドって漫画がジャンプでやってたな
ムスリムとは思えぬ薄着の女が出てたりして今思うとかなりやばかったわ



119: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:10:27.02 ID:Ff6xaqVZa
バイバルス

生まれつき障害あって隻眼
金髪でイケメンだったが奴隷狩りにあい故郷から遠く離れた場所まで連れてかれる
障害持ちで売れなくていらない子あつかいされるが、あるとき馬術を見込まれようやく買われる
そして奴隷軍人としてキャリアスタートしてから隊長まで出世して
侵略者十字軍を撃退して、味方に裏切られて追放されるもそれでも奴隷仲間を見捨てず一緒に放浪
そしてかつて自分を奴隷にしたモンゴルがやってきて対決し、打ち果たす



64: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:00:30.86 ID:okxjMoKkH
中世世界でそれなりに豊かになったからこその十字軍やし
結局ペストでそれが崩壊して中世世界が終わるからこそのルネサンスやで



194: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:20:59.85 ID:edar7smOd
教皇の権威のためとは言え十字軍派遣しすぎやろとは思うぞ



215: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:22:33.07 ID:Irx4RbfL0
>>194 
子供「ワイも参加したろ!」 
奴隷商人「捕まえて売ったろ!」 

うーんこの



241: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:25:21.17 ID:kBFImsiza
>>194 
教皇「十字軍の名の下に生意気な諸侯ボコるンゴwww」 
ルター「なんやこのガイジ」 

アホなことせんかったらヨーロッパは未だに宗教国家やったかもな



134: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:13:03.48 ID:kCix+4Syd
しかし十字軍がのちのヨーロッパの台頭の礎でありかなり大きな転換点やと思うわ暗黒暗黒言うけど土壌はしっかり育ってた



141: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:14:20.74 ID:okxjMoKkH
>>134 
長い目で見ればせやな 
歴史の面白いとこやと思うわ 
あとペストによる淘汰で流れが加速した当時生きてた人はたまったもんやないやろうけど



171: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:17:48.83 ID:kCix+4Syd
>>141 
度重なる十字軍で敗北疲弊したヨーロッパが合理的かつ近代的主義思考を手に入れて勝利したイスラームが原理主義にのめり込んでいくという皮肉な話



189: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:20:28.12 ID:5kmdH4Jk0
>>171 
弱い方の蛮族なヨーロッパさんがイスラムの先進的考えを劣化コピーしてたら 
オリジナルのイスラムさんはガチで強い方の蛮族なモンゴルのボッコボコにされて図書館とかも燃やされたからしょうがないね



173: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:18:01.84 ID:a7CwE60d0
>>134 
テンプル騎士団も十字軍の後聖地巡礼する人の護衛から始まって 
ヨーロッパ中に銀行システム張り巡らすくらいまでになるからな 
何がどう転んでどういう影響をもたらすか分からんのが歴史の面白いところやな



682: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:15:57.25 ID:UlqQTPDb0
中世ヨーロッパって野蛮人社会やったくせに、十字軍遠征で先進国のビザンツやらイスラム圏やらをボコれたのってなんでなん? 
普通は戦の強さとテクノロジーの発展度合いは比例するもんちゃうの



710: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:18:45.40 ID:yv8Ofscnr
>>682 
だから文明レベルとしてそこまで差がついていた訳では無いんやで 
もちろん先進地域はイスラームやったが 
最先端地域の持ってる城壁都市を幾つも落とし、自尊心である聖地を奪い、そこに数百年キリスト教国家を樹立できる程度には文明レベルはあった



711: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:18:49.79 ID:Qfy1HyUHa
>>682 
ビザンツイスラム圏に勝てたのって内輪もめにうまくつけ込めた時だけや



717: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:19:21.12 ID:TMswHK2v0
>>711 
たしかそうやんな 
十字軍ってほぼ負けてたような



61: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:00:03.63 ID:zQU0lt0R0
その頃日本はというと・・・・

「「「「ドングリおいしいね!!」」」」



80: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:02:58.99 ID:yv8Ofscnr
>>61
流石にもう米食ってるから...



89: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:04:42.36 ID:e5D/YUP+0
>>61
中世期って日本で言う平安初期~室町時代くらいやろ



97: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:05:43.73 ID:okxjMoKkH
>>89
せやな
でもヨーロッパが中世抜けて日本まで来るからこそ
キリスト教やら信長やらで戦国にも影響を与えてるとはいえる



62: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:00:04.65 ID:KcMTvHWkd
皿が作れないからテーブルに窪み掘ってそこにクソまずい野菜スープ入れて食うのが平均的農民ってやば杉内



67: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:00:44.68 ID:adnhzpihp
どんな理由つけようがウンコをまどから投げ捨ててたのと
水が肌につく事で菌が入るから身体洗わないのと風邪引いたら瀉血と赤ん坊を包帯でぐるぐる巻きは野生動物以下のガイジやぞ



82: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:03:26.59 ID:R5Pyhxpb0
>>67
蛆虫、シラミ、ノミは体から自然発生するから不思議ンゴねぇ



88: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:04:24.61 ID:adnhzpihp
>>82
なおシラミは髪を洗わない上流階級に特に多かったので上流階級の護衛隊と呼ばれた模様



92: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:05:16.90 ID:KcMTvHWkd
>>82
「見ろや!密閉しとるのにウジ湧いたからウジは自然発生するんや!」
尚大して密閉してなかった模様



103: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:06:43.49 ID:a7CwE60d0
>>92
ガバガバやんけ



100: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:06:30.95 ID:Up7wq6fmM
ベルサイユ宮殿に引っ越した理由 
→部屋にウンコが積もって床や壁が腐って臭いが充満してどうしようもなくなったから



433: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:43:52.66 ID:PMC4jcRxa
>>100 
まじ臭そう😅



81: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:03:19.50 ID:okxjMoKkH
古代ローマ世界の文明の清潔さや価値観が
たまたまワイらの今の価値観に合うだけかも分からんし何とも言えん
実際教会とか建築物は今の時代でも遜色せず凄いのが多い



95: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:05:33.78 ID:adnhzpihp
>>81
野生動物でも自分のテリトリーをウンコまみれにはしないし水浴びくらいはするぞ



102: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:06:43.48 ID:okxjMoKkH
>>95
正直動物でもそうだし
オーバーに言われてるだけちゃうんか?と思うけどな
たまに酷い時にそうなったくらいで人間あまりに汚いのはそれなりに避けるやろ



207: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:22:09.39 ID:bbFihjwoa
>>102
たぶんこれ
じゃないと当時の中国インドと同じくらいの人口までならんよね



83: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:03:34.61 ID:bCJu750B0
宮崎市定は中世はキリスト教的観点とは別の意味で世界的な停滞期やと言うとった



105: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:07:09.63 ID:yv8Ofscnr
>>83
これもある
世界的に民族の移動や飢饉、戦争があった時期やと言われてる
気候変動とかが原因らしい



137: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:13:27.65 ID:bCJu750B0
>>105
ヨーロッパの民族大移動と中国の五胡十六国が同時期に起こったのは
ユーラシア大陸の寒冷化が原因とも言われとるな



85: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:03:36.25 ID:5kmdH4Jk0
中世イスラムとかいう土人ヨーロッパに絡まれ続けるかわいそうな先進国



111: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:08:28.69 ID:zQU0lt0R0
>>85
それよく言われるけど
キリカス圏がイスラム圏に侵略した回数より
イスラム圏がキリカス圏に侵略した回数のほうが多かったて何かでみたで



250: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:26:53.38 ID:yv8Ofscnr
>>111
そもそもキリスト教より後に成立したイスラームがなぜ中東、北アフリカ、バルカン、果てはイベリアまでなぜ勢力を伸ばす事ができたのかって話よ
勿論これらの地域は全部キリスト教圏やったんやで。北アフリカなんか由緒正しいキリスト教とゆかりの強い場所や

そんなんイスラームが戦争しまくって征服しまくったからに決まってんだよなぁ...



256: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:27:42.34 ID:okxjMoKkH
>>250
イスラムは当時先進国やからなあ
結局今見てる歴史はヨーロッパ中心のものでしかないというのはそうやろ



289: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:31:14.52 ID:1ldeb0TFd
>>250
キリスト教徒といっても異端は迫害されるからイスラム系の国の方がマシだったりするぞ



339: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:35:43.16 ID:bbFihjwoa
>>289
イスラム系の国は為政者によって様変わりするから甘く見ない方がいい
ムガル帝国も寛容だったアクバル時代が、アウラングゼーブになると異教徒に重税侵略虐殺何でもござれになった。
アウラングゼーブ時代に460万人の非イスラムが虐殺されたとか



427: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:43:29.27 ID:1ldeb0TFd
>>339
せやな
安価先でイスラームが初期に支配域を広げた要因は征服力だけって言ってるように見えたんや



93: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:05:21.73 ID:yv8Ofscnr
ヨーロッパ史を丁寧に見るとキリスト教は破壊者どころか、ゲルマンの蛮族どもに曲がりなりにもローマの遺産を伝えて一人前の文化圏を形成するのを手助けした文化の保護者なんだよなぁ 
ゲルマン人の蛮族っぷりを知らんからキリスト教disなんかできるんやで、ちびるで



98: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:05:55.50 ID:a7CwE60d0
中世ヨーロッパの奴隷の話をあまり聞かんがおったんよな?
近代以前で奴隷がおらん社会なんか殆どないもんな



535: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:54:01.87 ID:iygzl/sc0
>>98
貴族以外全部封建領主の奴隷やから



547: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:56:09.86 ID:okxjMoKkH
>>535
でも農作業やらせる労働力として必要やから
結婚もしてそれなりに暮らせたんやないか?メチャクチャ貧乏なだけで
都市部で売買されてよく分からんことに使われるのとどっちがキツイのか



563: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:59:01.38 ID:dfe/Ibsx0
>>547
明らかに農奴やろ
食事すら満足になく当然財産もない
病気になったら神に祈りながら死亡



106: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:07:10.39 ID:nqtUzL9P0
アリストテレスの時代からルネッサンスまで知的レベルが停滞していた観はある
なんで?
どっかにホントはすごいのがおったんやろ?



113: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:08:36.44 ID:PJ9s2hf0p
>>106
本当に凄いやつは異端審問で消されるぞ



117: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:09:48.99 ID:a7CwE60d0
>>113
古代でも無理数に気付いた奴消されてたからセーフ!



114: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:09:29.28 ID:LcG3gPuh0
>>106
余剰がないと文化は育たないいうで 食糧の生産性が低すぎてまともな文明が育たなかったってワイは見たわ



124: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:10:49.69 ID:dfe/Ibsx0
>>106
ユークリッド幾何学が大正義すぎたのもあるやろ
虚数とか考えた奴が凄すぎる



126: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:11:25.44 ID:yv8Ofscnr
>>106
もちろん中世盛期にはパリ、ボローニャ、オックスフォードの都市にはすでに大学があったし、神学なんかを通して古典哲学の再研究はされてた。神学では昔からプラトンがありがたられてたし、発展する泥鰌は十分にあった。
そこに十字軍が古典のギリシャ哲学を完全にもってかえった(特にアリストテレス)ことで一気に発展した



161: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:16:18.68 ID:Pz5biM8h0
>>126
なおその時代の学生に出されたパリの勅令
「暗殺禁止、追剥禁止、押し込み強盗禁止、姦通禁止、生娘の誘拐や強姦禁止」



243: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:25:29.17 ID:1VJ+djYP0
>>161
生娘じゃなければセーフ



110: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:08:18.17 ID:i5t6eSJkM
具合悪いから血を抜くという発想がすごい



125: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:10:51.86 ID:KcMTvHWkd
>>110
体をどうにかしようってだけまだマシや
武器軟膏とか当時なんで真面目に捉えられたのか謎なレベル
怪我した!せや!怪我の原因になった剣に軟膏塗って治したろ!



129: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:11:39.23 ID:a7CwE60d0
>>125
コマ?



164: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:17:11.60 ID:KcMTvHWkd
>>129
マジやで
怪我した奴の血で軟膏作って怪我の元に塗ると治るんや
今wiki見てみたらこれを利用した航海術とか草生えるどころじゃなかった



127: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:11:31.11 ID:O5eV7Qfl0
観測できる人類史の中で明確に文明レベルが後退した時代っていうのがやばすぎる



147: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:15:26.45 ID:zQU0lt0R0
>>127
そんなん結構あるで
中国の宋代は文明レベル高かったけどモンゴルのせいで後退して明になっても結局保守化したままやったし
高麗も日本より先に封建制に移行しかかった時期にモンゴル襲来でめちゃくちゃにされた



172: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:17:56.08 ID:Pz5biM8h0
>>147
一概にそうとも言い切れないで
モンゴルが東西ごっちゃにしたことで科学文明は飛躍的に上がった一面もあるで



218: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:22:46.34 ID:WBf0nBjgd
>>172
人類の叡知が詰まったバグダードの大図書館を破壊して大半の本を燃やしたりインクで黒に変色するほど川に棄てまくったのは擁護できんがな



185: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:19:47.42 ID:dfe/Ibsx0
>>147
日本にもモンゴルは来たやろ
結果オーライで有耶無耶にされとるけど
九州に関東武士が土着する切っ掛けになったり
意外にでかい変動おきたんやないか



224: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:23:08.65 ID:e5D/YUP+0
>>185
名誉優先で非合理的だった武士に本物の戦いというものを叩き込んだ結果、畜生と化した侍にメッタメタのボロクソにやられるの草生える

ひょっとして妖怪首おいてけが生まれたのって元カスのせいやったりするんやろか?



247: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:26:15.43 ID:a7CwE60d0
>>224
元寇以前からキチってたやろ



284: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:30:42.36 ID:e5D/YUP+0
>>247
武士同士なら「やあやあ我こそは」から始まってた戦が、「どうせ言葉通じひん蛮族相手なら名乗る必要も法度守る必要もないわ」に変わったのは大きなパラダイムシフトやないか
2回目の元寇の時は防御陣地作ってろくに合戦せず、夜になって船に戻ったところに火矢を撃ち込んで一網打尽とか聞いたで



320: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:34:32.43 ID:KcMTvHWkd
>>284
せやから最初期でもそんなアホだらけなわけないやろ
昔の教科書しか知らんのか



233: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:24:25.02 ID:l++a238oM
>>185
得宗専制化プロセスが変に加速して逆に自滅が早まった感はある
遅かれ早かれ鎌倉幕府は滅亡してただろうけど



260: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:28:04.70 ID:Ztu/TQsm0
>>233
肝心の北条家に何の権威も無かったからなぁ



312: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:33:33.66 ID:mE4FubjrM
>>260
北条て公平な裁判するやでのマニフェスト以外
なんもないからなあ



372: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:38:33.52 ID:l++a238oM
>>260
出自も名門はおろか地方勢力でもなくて本当に在庁官人の子孫やからな
護良親王がいうように



306: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:33:04.49 ID:7wf39pYE0
元寇のおかげで本来御家人ですらないはずの執権北条家が変にヒーローになってしまった 
強くなりすぎた執権と御家人との確執は後の幕府崩壊への原動力になった 
成り上がり中卒に顎で使われるエリート大卒が不満を持つのと一緒やな



351: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:36:34.13 ID:mE4FubjrM
>>306 
北条は成立以来の御家人やぞ 
準門葉にもなっとる 
元寇で本当にヤバかったのは御家人以外の武士も動員してしまったことや 
こいつらは御家人と普段から対立しとるから事後処理がどうにもならん



230: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:23:54.52 ID:gi2kgUSMd
ドルジが白人幼女レイーポしまくってたってマジ?



253: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:27:18.06 ID:zQU0lt0R0
>>230 
中世はマルセイユ港からイスラム圏にスラブ系白人の少年少女を輸出してたんやで 
トルコのハーレムでロシア語が聞こえてくるのは有名やったし



292: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:31:26.49 ID:bbFihjwoa
>>253 
クリミアハン国の方が有名やね、スラブ奴隷 
クリミアがロシア女帝に征服されたのは皮肉やね



132: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:12:37.98 ID:LcG3gPuh0
中国の黄河あたりやと米一粒に対して40~80倍近くの収穫ができる

中世ヨーロッパで小麦一粒に対して2~3粒しか収穫ができなかったって聞いたわ 何しろ土地が貧弱って



136: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:13:26.39 ID:kCix+4Syd
>>132
稲も違うししゃーない



144: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:14:56.04 ID:K3y7CCXMd
普通に考えればヨーロッパなんて貧弱な土地に住むなんてねえよは



162: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:16:59.66 ID:xFhxNHgyd
>>144
昔の昔は川の付近で文化生まれたけど

近代分化は貧弱で寒いところの方が発展してるからな
暖かくて食物もそこら中にある赤道付近はねー



170: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:17:48.72 ID:nqtUzL9P0
>>144

ヨーロッパが大航海時代を経て世界を植民地化したエネルギーも
西欧が狭い土地に多数の民族国家がひしめいていたから
そのエネルギーを外部に発射したという面があるんじゃないの?



179: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:18:34.18 ID:yv8Ofscnr
>>144
一口には言えないけどヨーロッパは比較的豊かな土地やで
北アフリカなんかには当時叶わなかったが、まぁそれなりの生産性はあった
一つの例としてポーランドリトアニア帝国なんかは人口的にはオスマン匹敵する数抱えることができてたんやで



150: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:15:32.94 ID:z4OIEEP90
中世ヨーロッパ「耕地を春耕地秋耕地休耕地と三分割するんや、すごいやろ?」
中世アジア「同じ耕地で一年の間に2種類の作物育ててますけど」



184: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:19:34.28 ID:R5Pyhxpb0
>>150
土壌の豊さの問題もある
寒く貧しい北の土地では仕方なかったんやで



152: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:15:39.33 ID:BUAjt6Z3a
糞尿投げ捨ては古代ローマの時代からあったんやで
進化しなかっただけなんや



166: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:17:20.99 ID:okxjMoKkH
>>152
ローマはローマでこんな時代に水洗トイレ!風呂!とか
今の文明に繋がる部分ばかりクローズアップされるからな
子捨て場とかもあったり結構グロイ



310: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:33:27.47 ID:3ZeeSNNrH
>>166
古代ローマなんて小便で洗濯してた世界やというのにな



160: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:16:16.47 ID:nqtUzL9P0
西欧の暗黒期にアラブでギリシャ・ローマの古典が研究発展されたのも大きかった
化学(ケミストリー)が錬金術から生まれたり
代数(アルジェブラ)がインド数字の導入で発展したり
西欧の代わりにアラブが育てた知がルネッサンスで輸入発展したという理解でいい?

アラビア語が現代科学で使われるのを見ても影響のデカさが感じられる

アルミニウムとかもアラビア語だしアラビア数字使っているし



203: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:21:47.18 ID:yv8Ofscnr
>>160
これ
ローマギリシャの叡智がキリスト教圏とイスラム圏の間を行ったり来たりしてるイメージ



167: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:17:21.43 ID:edar7smOd
ローマ帝国が時代を先行しすぎただけだよ



181: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:19:00.25 ID:okxjMoKkH
>>167
でも人権的観点で行くと古代世界はメチャクチャ遅れてるで奴隷文明やから
現代人と価値観はかなり違うと思うが



278: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:30:16.71 ID:nqtUzL9P0
>>181

ローマは民主的とか言うけど
実際は奴隷に支えられて民主制で
奴隷は夜は手足縛られ布で頭覆われ何もできない動物扱いだったらしいから初期は
しかしギリシャ人の奴隷なんかは知的だから家庭教師とかもやりだしてしだいに奴隷の地位が上がっていったらしい
異民族は基本奴隷だからね



307: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:33:08.40 ID:zQU0lt0R0
>>278
ローマが民主的とか初耳やわ 
ローマは王政→共和制→帝政やろ
護民官がおったくらいでギリシアより民主的ではないわな
しかも奴隷の数もあんまおった印象ないけど



322: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:34:39.03 ID:okxjMoKkH
>>307
完全に区切れるもんやないからな
ローマも最初の国の仕組みじゃ成り立たなくなって帝政になりさらにキリスト教も取り込み
国家のあり方が初期と末期じゃまったく変わっている
その延長線上に中世世界があるわけで



338: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:35:36.71 ID:yv8Ofscnr
>>307
まぁ帝政とは謂うが、そもそもローマの皇帝は民衆の賞賛と支持によって初めて成立するいわば大統領みたいな役職やから民主的といえば民主的
なお民とはローマ市民権を持つものに限る模様



713: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:19:03.80 ID:6Yh9QkqYr
ローマはローマで実学重視して自然科学をうんちっち扱いしてたから大差ないんだよなぁ・・・



718: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:19:40.86 ID:3q/tVA+ka
>>713 
哲学とかスッカスカでかなしい



175: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:18:15.85 ID:bB+r5Pfh0
歴史に関しては悪く言おうが何言っても良いって風潮なんか嫌やわ
現代が何もかも正しいとか思ってんじゃねーぞ
人類が歩んできた足跡やぞ
敬意を払え



237: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:24:47.18 ID:dfe/Ibsx0
>>175
19世紀中ごろまではヨーロッパ大正義で
文明が進歩するとヨーロッパに似て来ると思われていたそうやな
2ちゃんでは今でもその気配があるが
20世紀に言語学だの文化人類学だので土人の研究が進んで
土人なりに整合性をもって暮らしてると考えだされた
土人題材にした映画も撮影され大衆に普及した



182: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:19:00.55 ID:6R3gmgrOa
原因は今の嫁と離婚して若い女と結婚したいからというしょーもない理由やったけどカトリックから抜けられたイギリスって結果的には良かったよな



188: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:20:27.15 ID:okxjMoKkH
>>182
ヘンリー六世は結婚離婚のスキャンダルやそれに伴う暴君ぶり強調されるけど
統治者としては優秀やった
やからその後のエリザベス2世でイギリスは強国になるわけやし



200: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:21:24.02 ID:/4VkuaF6a
>>182
それが原因でアイルランドと紛争起こしてるからなんとも言えんやろ



227: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:23:25.69 ID:ym8fV9NGM
>>200
どっち道アイルランド侵略してイングランド領主に塗り替えたクロムウェルがメインやろ



201: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:21:34.22 ID:FOCJVcPtp
中世の終わりって宗教改革くらいやっけ?世界史やってへんかったからあまりわからんけどそう聞いたんやが始まりはいつ頃やってん?



212: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:22:25.96 ID:yv8Ofscnr
>>201
そら西ローマ帝国崩壊よ



235: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:24:43.14 ID:gHBAkMyMa
暗黒化は寒冷化と蛮族の侵入のせいや別にキリカスのせいってわけではない



704: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:18:23.23 ID:o29Od5OFd
>>235
異常気象で南からはペスト東からはどう猛な騎馬民族北からはやじさんきたさんとか本当無理ゲ



255: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:27:33.04 ID:nqtUzL9P0
西欧古代に紙があったら世界が変わってた観ある
アレクサンドリア図書館にとんでもない知が収蔵されていても読めるのが一部の知識人だけで
民衆に広がらなかったから暗黒期になった観あるから
紙と印刷術が合ったら世界が変わってたんだよなあ



264: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:28:44.81 ID:R5Pyhxpb0
>>255
あれだけの文字数しかないのに活版印刷を生み出せなかったのは不思議



280: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:30:23.72 ID:okxjMoKkH
>>264
一般人も広く教養を持つべきという視点は当時ないやろ
やから書物を大量印刷する技術は必要なかった
なんというかインドのカーストに近い感じやないか?



298: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:32:05.55 ID:a7CwE60d0
>>264
逆やろ
惜しむほど手間かからんから工夫せんのや
中国は文字数が多すぎたからこれ何とかせんとアカンと活版印刷生み出したんや



359: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:37:18.11 ID:R5Pyhxpb0
>>298
なるほどなぁ
漢字は文字当たりの情報量が多い利点があるけど書くのが大変やもんな
こんな簡単に文字が打てるようになった情報化世界やと便利やわ



370: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:38:21.48 ID:kBFImsiza
>>359
えとこどりの日本語ってけっこういい線なんかもな



420: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:42:50.39 ID:R5Pyhxpb0
>>370
ワイが日本人やから当たり前なんやけど、ホンマ便利やと思うわ
電車乗ってると
英語→無駄に長いし区切りが分かりにくい
中国語→短いけど区切りが分かりにくい
韓国語→全くわからん
と思うし



337: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:35:32.11 ID:ym8fV9NGM
そもそも活版印刷って開発されたのってモンゴル時代前後で使われなかったから廃れた技術だろ 
プロテスタントの興隆とリンクして技術が再発見されただけだろ



357: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:37:12.26 ID:bbFihjwoa
>>337 
グーテンベルクは何だかんだ偉大よな



378: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:39:26.15 ID:UonVJqAF0
>>337 
活版印刷で真っ先に作ったのが免罪符と聖書やからな



267: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:29:08.70 ID:WBf0nBjgd
第一次産業革命を起こしたのはイギリス
第二次産業革命の中心となったのはドイツ・アメリカ
第三次・四次産業革命を起こしたのはアメリカ

これらの国々が何で全部宗教的原理主義傾向の強かったプロテスタント国なのか考えてみた方がええで



277: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:30:15.43 ID:kCix+4Syd
>>267
プロテスタントの教えが資本主義にベストマッチだからね仕方ないね



291: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:31:24.34 ID:7y5jiUrF0
>>267
プロ倫ってこじつけだろ



290: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:31:23.41 ID:AkQXHfw50
古代ローマ人「風呂きもちええわー」
中世ヨーロッパ人「風呂は毛穴から悪いの入るらしいで!風呂禁止!」



304: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:32:55.27 ID:79NVn3Jw0
文明的にしょうがないけど迷信で行動しすぎやろ



309: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:33:23.71 ID:UKeyAWx+d
>>304
日本だって中国だって同じやん



360: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:37:38.14 ID:yv8Ofscnr
>>309
これ
古代ってそういう世界だって認識してほしい
日本人って日本もクガタチみたいな儀式が戦国までつづいていた事を知ってて魔女刈り叩いてんのかなぁ



348: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:36:21.09 ID:TutTSXz90
江戸とかいう夜出歩いたら辻斬りされる暗黒時代



368: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:38:11.90 ID:dfe/Ibsx0
>>348
お月見に屋台でたり
仮装して出かけたりしたらしいで
ただ男が余りまくって未婚地獄



376: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:39:07.12 ID:okxjMoKkH
>>368
あれだけ春画が流行るってことはお察しやね
次男とかホンマにつらかったんやないか?



408: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:42:03.10 ID:6R3gmgrOa
>>376
今の中国都市部が似たような事になっとるな
一人っ子政策でも金持ち小金持ちは後継ぎ欲しいから税金払ってでも2人目3人目に挑戦して男の子が生まれたら打ち止め
結果、1.2倍くらい男が多くなってしもうたとかなんとか



349: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:36:22.37 ID:gHBAkMyMa
もし宗教改革起きなかったらヨーロッパってカール5世の頃に統一されてたやろか



361: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:37:50.82 ID:JwUTty3RM
>>349
統一しようとしたらブチ切れたフランソワがオスマン帝国を引き入れて来そう



374: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:38:55.40 ID:gHBAkMyMa
>>361
フランスとかいうカソリックのくせにプロテスタントやイスラム勢力と手を組む屑



350: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:36:24.28 ID:Ff6xaqVZa
スパルタ「奴隷が兵士の10倍もおって反乱されたらヤバイ……」
スパルタ「せや! 兵士が奴隷の10倍強ければええんや!」

この知恵を見習え



429: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:43:35.38 ID:JwUTty3RM
>>350
成人する前にナイフ一本持たせて外に放り出すとか恐ろしすぎるわ



397: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:41:01.27 ID:a7CwE60d0
>>350
スパルタ王がお金無さ過ぎて
自らエジプトへ傭兵のバイトに行ってた話すき



364: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:37:52.55 ID:bCJu750B0
火薬とか印刷とかは宋代の技術革新がイスラム圏経由でヨーロッパに伝わってルネサンスになったとも言われとる
数百年規模のタイムラグがあるんやな



375: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:39:04.04 ID:nqtUzL9P0
>>364

さすがにヨーロッパ人もいまではグー電ベルグが印刷術発明したとは言い張らないやろ



373: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:38:36.79 ID:mE4FubjrM
中世ヨーロッパは暗黒言われるけど
なろうをはじめとした異世界転生もので転生先が中世ヨーロッパみたいなところばっかなのはなんでや?



390: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:40:40.56 ID:s0AUS6x8a
>>373
それは『中世ヨーロッパ風』というジャンルになってしまっただけで
ああした世界観は実のところ、中世より後の時代のイメージが強く影響している



380: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:39:35.57 ID:9uDO1fYma
>>373
日本人が白人というか欧米文化に対して憧れを持っとるからやろ
黒船来航以来ずっと日本人にとって白人は上位の存在やからな



393: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:40:48.41 ID:kBFImsiza
>>380
太平洋戦争で勝てばまた違ったんやろがな
イギリスやオランダ追い出せてもアメリカには勝たれへんかった



435: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:44:02.36 ID:bbFihjwoa
>>393
イギリスには結局完敗したけどな
緒戦のイギリスはマフディーやズールーにも負けるくらい弱いし、最後は全部勝ってるけど



515: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:51:27.56 ID:dfe/Ibsx0
>>435
プリンスオブウェールズとレパルスを航空戦力のみで沈めたやろ
スピットファイアも40機くらい叩きおとしたし(日本損失5機のみ)



706: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:18:27.36 ID:cEnW7EL90
>>515
アメリカがセットになっていて完敗したよね
確かに初回に4点くらいの猛攻があったけどって話でしょ



411: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:42:18.23 ID:bbFihjwoa
>>380
同じ白人でもアラブやトルコのイスラム圏には全く憧れがないんよな。



425: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:43:23.18 ID:yv8Ofscnr
>>411
インド人やスラブ人にも憧れない?



446: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:44:52.06 ID:Eg2qRvPb0
>>425
めっちゃ憧れるわ
尚、自分はイスラム世界への憧れも強い模様



469: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:47:18.09 ID:UOl2btQUd
>>446
大正義サファヴィー朝はあこがれてしまうわ



441: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:44:36.81 ID:kBFImsiza
>>411
アラビアンナイトとかええやん



491: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:49:12.94 ID:bbFihjwoa
>>441
アラビアンナイトがフランス人がまとめてて、アラジンやアリババはフランス人が作ったと知ったときはゲンナリ



543: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:55:20.68 ID:UonVJqAF0
>>491
円卓の騎士がイギリスよりアメリカで人気あったり
三国志が中国より日本で人気あるような感じやね



574: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:00:29.68 ID:dfe/Ibsx0
>>543
円卓の騎士にもフランスでてくるんやっけ



578: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:00:55.32 ID:3WedGnr6a
>>574
ランスロットがフランス出身って設定やったはず



598: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:04:45.48 ID:+J600nCtM
>>578
ノルマンディーはイングランド領だからセーフ

元々ブリトン人の英雄やのに
侵略してきたゲルマン系のノルマン人が
一番の人気者になってアーサー王とか
おまけになるとか思いもせんかったやろなー



615: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:07:23.07 ID:gHBAkMyMa
>>598
そもそもブリトン人の王が侵略者のアングロサクソンに英雄扱いされてるのがおかしい



661: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:13:41.71 ID:+J600nCtM
>>615
サクソン族もノルマン人にボコられたから
ノルマン人からしたらサクソン族の
敵の王の伝説はセーフ

ま、アイヴァンホーみたいにノルマン人と戦った
サクソン人の英雄の話もあるけど



422: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:43:13.45 ID:3WedGnr6a
王朝の家系図見ると近親相姦ばっかで草生える



439: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:44:32.14 ID:gHBAkMyMa
>>422
ほんとはキリスト教的には8親等の結婚は禁止なんやけどなほぼ無視して結婚してたけど離婚するときはそのシステム利用して結婚無効化させてた



459: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:46:07.70 ID:3WedGnr6a
>>439
最終的に国教会作るキ●ガイもおったなぁ



481: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:48:22.10 ID:FOCJVcPtp
>>422
神様なんてそれがデフォやしな



488: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:49:05.15 ID:okxjMoKkH
>>481
ガチでやって潰れたスペインハプスブルク家



501: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:50:12.23 ID:oQNV9+nK0
>>488
ハプスブルク家まだ続いてるんやで
王家じゃなくなっただけで



509: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:50:53.51 ID:okxjMoKkH
>>501
スペインの方は血が絶えたで
途中から見た目も変になっていくんや肖像画でも誤魔化せんくらい
結構怖いで



524: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:52:41.96 ID:gHBAkMyMa
>>509
ハプスブルク家の顎とか呼ばれてたしなちなみに今のオーストリア系ハプスブルクは男系やとロレーヌ家やから顎は出てない



573: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:00:13.42 ID:viXtlTq+a
オーストリアの歴史すき 
ドラマチック



605: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:05:51.17 ID:yv8Ofscnr
>>573 
ワイハプスブルク、オーストリアこそドイツやと思うんやけどなぁ 
ホーエンツォレルン、プロイセン=ブランデンブルクってドイツ帝国成立のときに自分らはドイツ人ってことにしようとしたけどプロイセン人なんかほぼ元はバルト人やし



623: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:08:31.65 ID:gHBAkMyMa
>>605 
せや真のドイツ人の首都はベルリンなんて辺境じゃなくてウィーンや



628: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:09:14.89 ID:okxjMoKkH
>>623 
正直ドイツ語圏の歴史はゴチャゴチャしすぎで 
部外者にはよく分からん感覚



633: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:10:00.58 ID:iygzl/sc0
>>628 
国という概念遅すぎやしな



638: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:10:43.55 ID:7wf39pYE0
むしろオーストリアは強国しすぎてて、今までよくも支配者ぶりやがって! 
と、プロイセン中心のドイツ集団から仲間はずれにされたんや・・・



649: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:12:26.04 ID:gHBAkMyMa
>>638 
北部はプロテスタントだからカソリックのオーストリアに反発しとったしな



664: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:13:55.84 ID:Qfy1HyUHa
>>638 
オラついてたわりに実際の求心力は大してなかっただけやろ



426: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:43:25.74 ID:xtS1L8hIp
宗教がなかったらもっと人類が発展してたとかいう謎理論

ウェーバー「ちがうぞ」



464: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:46:47.77 ID:yv8Ofscnr
>>426
宗教はよくも悪くも文明を動かす原動力なんだよなぁ



490: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:49:12.58 ID:AkQXHfw50
中世ヨーロッパ(カトリック)

妻が生理のときヤったら…パンと水だけで過ごす10日間の贖罪を果たさなければならない
妻の出産の40日前にヤったら…パンと水だけで過ごす20日間の贖罪を果たさなければならない
ホモセックルしたら…15年間の贖罪と日曜以外は服を替えない罰が科されている
近親でヤったら…15年間肉食が禁じられている

その他
肛門結合:7日間の贖罪
口内射精:3年間の贖罪
口内射精が習慣化している者:7年間の贖罪
夢の中で意図的に射精した者:起きて詩編7つをよみ、その日はパンと水だけ



516: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:51:40.50 ID:Xtg6nh9Yr
>>490
最後で草



554: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:57:10.46 ID:fVVasrtyr
>>516
キリスト教信者「アカン夢精してもつた・・これは夜にサキュバスがやってきたせいなんやで(震え声)」



566: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:59:32.77 ID:okxjMoKkH
>>554
梅毒が蔓延した後なら結果としてはそんなに間違ってないが
その時はすでに中世は終わってたか



498: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:49:57.76 ID:FOCJVcPtp
中世終わってもハンガリーでは生娘の血ゴクゴクしてる王妃様もおるしヨーロッパ無法地帯すぎひん?



511: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:51:06.10 ID:gHBAkMyMa
>>498
王妃ではないぞ大貴族ではあるが



518: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:51:53.60 ID:AkQXHfw50
>>498
東欧バルカン辺りは近年でも人身売買や臓器売買の無法地帯やぞ



379: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:39:27.62 ID:KnemOyt/d
江戸時代暗黒説と江戸時代優れてた説って決着つかんよな



386: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:40:17.59 ID:okxjMoKkH
>>379 
それなりの秩序を保って暮らしてたのは否定できんけど 
基本的にはみんなで貧乏って感じやないか?



414: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:42:22.19 ID:Ztu/TQsm0
>>379 
中世日本の修羅の国っぷりと比べたらかなりの進歩やぞ 
戦争も起きないし法治主義も徹底されてたし、何もよりも教育の分野が



445: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:44:51.67 ID:UdIxeoFW0
>>414 
中世人のキレやすさははっきり言って異常だ



460: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:46:13.11 ID:Ztu/TQsm0
>>445 
江戸時代以前は別の国なんじゃないかと思うほど変貌したよな



496: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:49:51.87 ID:l++a238oM
>>445 
魏志倭人伝の日本人像とか平安江戸時代人は結構理解できるとこあるのに 
室町人とかキレどころが意味不明すぎて別民族としか思えん



689: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:16:34.54 ID:mE4FubjrM
>>496 
室町の町人の浮気や坊主のタチションが原因で 
大名や寺社勢力が軍を集めて首都で戦おうとするのホンマ怖い 
狂気の時代や



438: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:44:25.86 ID:7wf39pYE0
江戸時代という270年も大きな戦争もなく教育も充実し農業生産力も上がり武士は戦の仕方も忘れてしまった暗黒時代があるらしい



461: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:46:21.03 ID:R5Pyhxpb0
>>438 
家康と家光の国家戦略がほんま有能やったな



477: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:48:06.02 ID:bCJu750B0
江戸時代の先進性をことさらに強調すれば江戸しぐさに行き着くんちゃうか 
歴史は一方通行で進歩していくもんではないとしても 
昔の時代がいかに進歩してたかを説く立場に対しては慎重になった方がええわ



494: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:49:42.98 ID:7y5jiUrF0
>>477 
どうせやるなら、古代文明、実はAIで滅んでた説ぐらいイッてほしいわ



506: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:50:41.15 ID:ToFb5eYoa
江戸時代はよく分からん

締め付けが厳しく飢饉もしょっちゅうな暗黒時代
自由な町民文化が生まれた黄金時代

目線によって全然違う言われようだが実際はどうなんやろ
町民はまだしも農民はあまり文化的でなかったんかな?



558: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:57:36.20 ID:R5Pyhxpb0
>>506
識字率は町で100%
全体で75%程度やね
あと直訴の仕組みはホンマ有能 
領主飛び越えて直訴は出来る。でもやったら死罪
領民を死ぬほど苦しめたら直訴されてお前もクビになるで
人間の心理をよく分かってる



562: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:58:40.34 ID:okxjMoKkH
>>558
大都市以外の識字率はもっと低いで藩によってもだいぶちゃうし



567: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:59:39.02 ID:R5Pyhxpb0
>>562
全体でやから合ってるで



587: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:02:48.69 ID:okxjMoKkH
>>579
田舎はもっと低いというのはワイもそんな気はするで
あくまで流通する本を買うことのできる町民や商売上必要な人達がちゃんと勉強したという感じで



703: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:17:59.50 ID:dfe/Ibsx0
>>587
本は高価やから借りるか写しやろ



722: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:19:55.50 ID:okxjMoKkH
>>703
そうかもしれんけどどちらにしろ
それなりの都市圏の住民だけやろそういう仕組みがあって定期的に本を読む奴らは
本が読めると簡単なメモなら時間かけたら読めるにはそれなりに差がある
後者までいれたら識字率はそこそこあったんやないか?



591: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:03:27.04 ID:7y5jiUrF0
>>579
そうなん?
寺子屋で識字率バク上げって嘘やってん?



596: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:04:15.23 ID:okxjMoKkH
>>591
今みたく殆どの人がかなり難しい内容まで遜色なく読める
というのとは違う気がする



599: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:05:00.60 ID:7y5jiUrF0
>>596
いや、実際的な研究結果としてどうなんやって話なんやが



607: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:05:57.12 ID:okxjMoKkH
>>599
薩摩藩が低い(10-20%?)みたいのはどこかで見た気がするで
でも研究自体調査が入らんと出来ないし
その調査が入ったのがどこかという話にもなるし



634: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:10:02.81 ID:dfe/Ibsx0
>>599
研究として寺子屋の他でも字を教えていたって感じやろ
時代が前になるが秀吉なんか教育に無縁な少年時代ながら
数勘定や識字、商いまで覚えた
それが流通に求められた水準だった



561: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:58:30.88 ID:vRPq20NT0
直訴したら死罪て刑が重すぎませんかね



568: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:59:40.38 ID:FOCJVcPtp
>>561 
直訴ってつまりはお前の政治おかしいやろ!って匿名じゃなくて誰が言ってるのかはっきりしてるししゃーない



584: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:02:19.28 ID:iygzl/sc0
>>561 
そんかわり話は聞かせてもらったになるからええやろ 
なお直訴へ向かう途中に暗殺



588: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:02:55.45 ID:R5Pyhxpb0
>>561 
そらそうしないと直訴だらけになるからね 
「命をかけてまで訴えたい事があるなら聞くで」ってことよ 
実際は直訴にきても数回は門前払いにするみたいやし 
それでも直訴したい内容なら強引に直訴状渡してくるってんで 
なおそれであの真田家は改易された模様



629: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:09:22.03 ID:w7+HH2Cfa
識字率が確かニコライの日本渡来記とか宣教師の日記で書かれてるから信憑性あると思う 
まぁど田舎はしらんけど



656: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:13:21.44 ID:yv8Ofscnr
>>629 
江戸に限っていえば相当高かったのは事実無根 
将軍のお膝元やし武士階級のエリートが多かったからな 
これはまぁ誇っていい



666: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:14:15.76 ID:4EGplxLgp
>>656 
事実無根なのか高いのかどっちや



668: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:14:16.89 ID:iygzl/sc0
>>656 
どっちやねん



672: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:14:51.58 ID:R5Pyhxpb0
>>656 
唐突な無根で草



681: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:15:55.13 ID:yv8Ofscnr
>>666 
>>668 
>>672 
すまん 
事実です 
江戸は結構すごかった



648: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:12:25.21 ID:w7+HH2Cfa
宣教師が日本人奴隷として売りさばいてたのぶっちゃけた宣教師も日本は識字率が高くて布教しやす書いてたし識字率の高さはガチやろ



693: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:16:49.68 ID:a7CwE60d0
>>648 
読むのと書くのとで難易度が違うからなあ・・・ 
読めるけど書けない奴はそこそこ多そう 

あと宣教師が日本の識字率強調するのは本国から優秀な宣教師呼ぶためにある程度誇張してたと思うで



662: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:13:49.92 ID:nV1aP3kfa
ザビエルって漂流した日本人を仲介人にして布教してたけどその日本人全然語られないよな



677: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:15:11.91 ID:iygzl/sc0
>>662 
フロイスばかりだよな



685: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:16:10.63 ID:okxjMoKkH
>>677 
結局記録があるかどうかやし 
当時の権力者と接触したのが大きいなフロイスは



698: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:17:16.20 ID:iygzl/sc0
>>685 
ソーリンあんな終わりやし



542: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 15:55:20.38 ID:WYYkNqZqa
こういうのって、結局発展主義とでもいうべき現代的価値観に照らし合わせるのが問題なんやと思うわ
現代の社会構造や通俗的倫理に照らし合わせて正解・不正解を決めるから、歴史の中でそれに適う時期とそうでない時期が出てくるのであって
その価値観から外れた時期が無能時代というわけではないんやろな



608: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 16:06:00.11 ID:dfe/Ibsx0
>>542
その整合性をとろうとしたのが20世紀の文化人類学
それ以前の思想もまだ力があり
国粋主義やないけど目の前の物を至上とする考えがある
別に変な話ではなく19世紀までは当たり前の思想で
今も生きている
思想だから正しいとか間違いとかはない






転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1498456082/