1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 02:54:15.21 ID:bB7yOxRU0
すごい(恍惚)
最大領土



4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 02:55:31.67 ID:Pzh8TvQZ0
領土じゃなくて占領地定期



22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 02:58:46.45 ID:CyQX68AF0
なお時期は一定ではない模様



3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 02:55:12.38 ID:jI/c7GRJd
はよ取返せや無能



5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 02:55:37.51 ID:+hQYnW0h0
島だけでも戻せんかなあパラオ県とか素敵やん



7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 02:55:45.55 ID:JXindrvD0
樺太の上半分はなんで遠慮したん?



48: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:04:48.69 ID:WT6Rc0B70
>>7
ロシア革命のドサクサで占領を試みるも
兵力の目途が立たずウヤムヤになったな
シベリア出兵より実利はあったと思うが



8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 02:55:47.25 ID:WqeZ0ratE
こう見ると中国完封できてはいなかったんだな



11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 02:56:56.21 ID:1RCTjcKD0
>>8
完全な泥沼やぞ
ここにアホみたいに戦力ぶち込んで浪費した



45: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:03:46.13 ID:EPRRAV490
実際中国戦線は鉄道沿線ぐらいやぞ影響下にあったのは



51: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:05:33.06 ID:BnZrbWlj0
サイパンは絶対防衛ラインとか言っておいて防御スッカスカだったのほんと草 
アメチャンもえらい肩透かしくらったらしいな



13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 02:57:30.87 ID:JXindrvD0
第三次世界対戦が始まってvsロシアになる可能性あるのに米軍基地って北海道にないと思うけどなんで?



42: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:03:21.05 ID:7EXOKvg+0
>>13
その場合は前面に出るのは自衛隊の戦車部隊や
米軍は後方支援



678: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:42:30.01 ID:UVAPnzGO0
>>13
その代わり北部方面隊は一番装備がそろってる



14: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 02:57:37.10 ID:Lgh3UZha0
つーかアメリカと戦うならこれくらい出ていかないと守れないんちゃうの



21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 02:58:39.31 ID:+hQYnW0h0
>>14
出て行ったせいで守れなかったんやで
なお出るしかなかった模様



47: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:04:27.98 ID:7EXOKvg+0
>>21
別に戦う必要はなかったんだよなあ・・・



70: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:08:58.19 ID:WT6Rc0B70
>>47
東條「海軍が対米戦ダメと言ったなら撤兵する」
近衛(海軍が音を上げてくれんかな……)
嶋田「開戦判断は首相に一任する(すっとぼけ)」

誰も責任ある決定できんかったからしゃーない
とりあえず嶋田は死ね



93: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:12:30.94 ID:7EXOKvg+0
>>70
せやけどそういう状況に持って行ったのは結局
東條、武藤とかの奴らやからね
その場面で海軍攻めるのは酷やと思う



127: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:18:50.86 ID:WT6Rc0B70
>>93
そうは言うが海軍も軍縮脱退で対外危機を煽り、
中国戦線にほとんど戦力も出さんのにドサクサ予算倍増とか相当やぞ
ハッキリ言って同レベルか、責任から逃げてるという点では陸軍より酷い
この場面まで至ったのが陸軍の責任とはいえ、
この場面で戦争を事実上決定した責任は海軍が負わんとアカンよ



132: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:21:16.82 ID:7EXOKvg+0
>>127
言いたいことは分かるが「海軍さえ無理と言ってくれれば・・・」ってのは
要するに対米戦回避から起こる非難を全部海軍に押し付けようって腹でもあるからな
ワイは最近の海軍悪玉論にはちょっと懐疑的なんや



172: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:28:47.27 ID:WT6Rc0B70
>>132
今まで陸軍と近衛の陰に隠れて非難されてなかったんだから揺り戻しはしゃーないやろ
少なくとも嶋田はA級戦犯レベルの仕事をかましとる

それに対米戦回避を決定した場合は自動的に大陸撤兵になって
無為に大量の戦死傷を出した陸軍も相当に叩かれただろう、
というか陸軍が叩かれない道筋がない。最悪陸相暗殺まで考えられる
もちろん対米戦大艦隊を標榜していた海軍も叩かれるだろうけど
東條の発言はどちらかと言えば「お前も泥をかぶれ」だと思ってるわ



15: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 02:57:46.46 ID:KMDLpe0h0
これでも韓国と中国にしか文句言われてない謎



25: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 02:59:25.66 ID:L2PCj6gd0
>>15
その二つの声がでかいだけで少し前までは東南アジアにも色々言われてた



44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:03:39.85 ID:3W1yA1zB0
元大日本帝国民のイルベ民も呼んで議論したいな



65: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:08:16.30 ID:sQE3emT70
大戦なくても維持できんかったやろうな



71: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:09:16.69 ID:7EXOKvg+0
>>65
大戦無かったら本土・朝鮮・満州・台湾だけやんけ
いけるいける



86: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:11:03.10 ID:WT6Rc0B70
>>71
石油とボーキとゴムが自給できない(大慶油田発見前)
高度国防国家のために南進待ったなし!



109: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:14:41.55 ID:7EXOKvg+0
>>86
志那事変の拡大さえ無ければ経済制裁なんてBCDだけやし
ダッチは雑魚やから「資源売りますから植民地取らないでね」って頭下げてたし
やりようは幾らでもあるんだよなあ・・・



117: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:16:47.14 ID:Pzh8TvQZ0
>>109
実際オランダはアメリカににらまれながらも石油を売ってくれようとしてたのに勝手にキレたわけやしな



67: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:08:28.47 ID:I8jKkPpH0
中国戦線よりフィリピンで殺されまくってて怖E
no title



72: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:09:17.09 ID:Fdq09eN1d
>>67
インパールで草



78: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:10:10.39 ID:RtHBP5K6d
>>67
勝手に死んだだけなんだよなぁ



80: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:10:33.70 ID:7EXOKvg+0
>>67
ニューギニアの死者の大半が餓死なのが悲しい



101: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:13:41.10 ID:EPRRAV490
>>80
フィリピンも餓死が半分ぐらいやぞ



113: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:15:59.64 ID:7EXOKvg+0
>>101
せやったか
南方はそういうの多いよね



82: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:10:39.37 ID:x0+1amAT0
海軍が働きたくて海洋進出したのホントに無能



87: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:11:24.38 ID:cSpnsGW+0
>>82
いや陸軍も大概やぞ



119: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:16:51.06 ID:x0+1amAT0
未だに海陸で責任の擦り付け合いしてる辺り本格的に無能だったのがよくわかる



115: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:16:39.61 ID:QaZM4neh0
こう地図見るとやっぱサイパングアム辺りと千島列島って日本の一部の方がしっくりくるよな

くれや



118: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:16:47.39 ID:yW4divtIa
ポツダム宣言後に奇襲ってさぁ…



122: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:17:40.82 ID:Pzh8TvQZ0
>>118
日露戦争で宣戦布告しないで攻撃始めてるのに偉そうに言える立場じゃないんだよなあ・・・



125: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:18:33.64 ID:7EXOKvg+0
>>122
その時はバックに大英帝国がいたからセーフ



129: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:20:16.54 ID:Pzh8TvQZ0
>>125
WW2のソ連のバックにも大英帝国とアメリカがいるわけやしセーフやな



139: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:22:09.90 ID:7EXOKvg+0
>>129
結局そうなんよ
なにより大事なのは多数派工作



121: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:17:13.15 ID:NB6Zzlez0
こんな広大な海で空母まで使って戦ってたなんて信じられへんな
これから大規模な海戦なんてあるんやろか?



130: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:20:17.31 ID:x0+1amAT0
>>121
まず運用費が高過ぎる空母を最前線に移動させる戦術が存在しない
用兵糞な南雲がやらかしたせいでCAドクトリンが崩壊した
仕方なく最前線で運用被害拡大の流れやぞ



143: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:23:15.47 ID:ZZ/wNmsG0
こういうの見てると連合国が勝ってよかったよな
枢軸国が勝った世界とか絶対生きづらいやろうし日本人のワイでも勘弁



147: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:24:58.01 ID:zwOUkEKn0
>>143
連合国側のイメージ戦略成功しすぎやん



165: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:27:41.91 ID:ZZ/wNmsG0
>>147
連合も連合で糞だけど枢軸の糞さに比べたらマシやぞ



194: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:33:16.90 ID:zwOUkEKn0
>>165
もうちょい差し引いて考えてもええと思うで
想像以上に歴史は勝者によって語られるからな



173: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:29:16.86 ID:yyJ+saljM
>>147
ぶっちゃけ日本が勝ってた世界考えると北朝鮮みたいになってそうで嫌やわ



187: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:31:33.09 ID:IFPPt2sI0
>>173
北朝鮮はソ連のコピーやぞ
戦時体制は枢軸、連合大差ないんやし
日本は独裁にならんやろ。むしろ今スパイを狩ってないのが不安や



181: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:30:38.57 ID:LqXmdCaG0
>>173
まあ庶民の暮らしは今より悪くはなってそうやな
あとネットの検閲厳しくなってそう(小並)



193: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:33:13.84 ID:5RTANWRH0
>>181
そもそもインターネットが開発されたかというとね
八木宇田アンテナですら受け入れられなかったのに



211: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:35:21.32 ID:IFPPt2sI0
>>181
それは戦時体制の話で、むしろ平時の軍隊は
民間を軽視して自由にやらせとるぞ。
八木アンテナだって兵器転用が可能なのに海外に流しとるし。



235: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:38:16.22 ID:5RTANWRH0
>>211
八木アンテナは八木もと宇田の両名で作ったのに八木が抜け駆けして海外の特許取りまくったんやで
兵器転用可能なのに海外に流したというよりかは有用性を理解できず金の亡者に海外に情報流されたってのが真相や



154: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:26:41.91 ID:x0+1amAT0
>>143
タラレバやけど無謀な戦略が最終勝利をする確率は皆無に等しい
西南戦争で戦訓あるのにあっさり捨て去ってぼっこぼこにされるの本当に無能



841: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:13:22.59 ID:lmauW71p0
日本が戦争に勝利して大日本帝国として存在する世界はちょっとだけ見てみたい



144: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:24:32.79 ID:FcVaEJyhd
本国から遠く離れた植民地統治軍を倒しただけやん
やろうと思えば中国人でも出来たわ



151: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:26:14.62 ID:7EXOKvg+0
>>144
流石に当時の国民党軍には無理
国民軍じゃないうえに装備の近代化も進んでないから弱すぎる



199: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:34:03.67 ID:FcVaEJyhd
>>151
日本軍はそんなやつらを落としきれなかったんか



242: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:38:54.60 ID:7EXOKvg+0
>>199 
支那は広いからしょうがないね(杉山元)



267: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:42:09.79 ID:WT6Rc0B70
>>199
そもそも当時の国力の日本が用意できるのは30個師団くらい、
これを全力で中国に投じても制圧は困難を極めるやろうな
何しろ人が多すぎるし国土が広すぎる
なお実際は本土防衛・対ソ防衛で全力投入できん模様



164: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:27:40.68 ID:yyJ+saljM
満州事変らへんでやめときゃ今も満州朝鮮半島くらいは領土やったんちゃう



175: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:29:38.49 ID:7EXOKvg+0
>>164
その線は十分あり得たやろな
石原の対支不拡大方針が徹底されてればそうなってたかもしれん
なお・・・



188: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:32:08.28 ID:WT6Rc0B70
>>164
北支分離工作まで広げちゃったのがなあ
とはいえその遠因が満州事変関係者の昇進だし、
なかなかええとこ取りで終わるのは難しい



222: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:37:06.13 ID:7EXOKvg+0
>>188
石原「内蒙工作やめーや!」
武藤「あんたの真似してるだけやん」

これはぐうの音も出ませんわ



145: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:24:39.62 ID:kWDEOaMua
ドイツって戦争が強いのか弱いのかよく分からんよな



174: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:29:18.44 ID:5RTANWRH0
>>145 
強いから調子に乗って敵を作りまくるから疲れた頃にに袋叩きにされるんやろ 
なんでもドイツはほどほどを知らないイメージ



169: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:28:08.84 ID:ff8YyVDn0
日本の軍部ってドイツが勝つって本気で思ってたんやろ



190: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:32:18.73 ID:7EXOKvg+0
>>169
勝つと思ってたというよりは
もし勝ったら東南アジアの植民地が軒並み自分のところに転がり込んでくるかもしれん
って想像したらいてもたってもいられなくなって希望的観測に縋りついた感じかな?



208: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:34:55.93 ID:j8LVOJyv0
>>169
戦ってたスターリンもそう思ってたからしゃーない
スターリングラードであんなに消耗してなきゃ勝ってたやろうし
これはミッドウェーで勝ってればよりよっぽど信憑性あると思うで



212: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:35:35.91 ID:Pzh8TvQZ0
>>208
タイフーン作戦失敗した時点で負け確定やぞ



210: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:35:08.23 ID:d/+EtHM20
独ソ戦に派遣された観戦武官とかおらんかったんかね 
ドイツが明らかに劣勢になってからドイツと一蓮托生の道に進んでもね



223: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:37:08.83 ID:IFPPt2sI0
>>210 
後にCIAを築くアレン・ダレスと停戦の草案練った武官が 
スイスには居った。むろんドイツの情勢は把握済み。大局には影響しなかったが



255: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:40:54.46 ID:7EXOKvg+0
>>210 
観戦武官じゃないが吉田茂はドイツの負けを的確に予想しとったな 
もう一人外交官で同じ予測しとった奴がおったはず



176: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:29:47.08 ID:zwOUkEKn0
vsドイツならそこそこ戦えそう
向こうも資源ないやろし



185: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:31:01.99 ID:kWDEOaMua
>>176
日本より資源も技術もあるぞ日本は民間人に竹槍渡してたけどドイツは普通のライフル渡してたし



195: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:33:27.61 ID:IFPPt2sI0
>>185
ドイツはガソリンがない
日本は苦しい苦しいと言いながら実戦では91オクタン維持したが
ドイツが87オクタンを常用するしかなかった。
金属資源もプロペラを木製にするとか苦心しとる



196: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:33:36.41 ID:kbnPN2l50
植民地どころか本土すらまともに開発出来てないのにアメリカに戦争ふっかける無能
あと20年くらい朝鮮台湾樺太開発してたら大分国力違っただろうに



201: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:34:09.33 ID:Pzh8TvQZ0
>>196
成長するのは日本だけやないぞ



256: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:40:55.16 ID:kbnPN2l50
>>201
日朝台だけで人口2億3000万近くあるんやで
国内市場そんだけでかくなったら無理して海外に戦争ふっかける必要ないやん
朝鮮半島と樺太と南方でも天然資源とれるし

戦争しなかったらサイパンとかパラオにパスポートなしで日本語で行けたと考えるとね…



204: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:34:28.71 ID:JZY6G3lB0
Wikipediaで南樺太の豊原市(ユジノサハリンスク)とか調べるとワクワク止まらんわ
もし北樺太も取れてたらと思うと日本地図が更に長くなる



209: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:35:05.10 ID:Pzh8TvQZ0
>>204
一応オハじゃ石油も取れるしな



246: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:39:20.15 ID:JZY6G3lB0
>>209
胸熱だなぁ、千島列島から台湾までって考えるとチリ超えるな



272: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:42:41.17 ID:AwCjAq1V0
>>246
千島と樺太とか絶対もて余すで
北海道ですら札幌以外死にかけてるし
ただ樺太領有してたらシベリア鉄道と間宮海峡で接続できたかもしれんが



293: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:45:31.77 ID:JZY6G3lB0
>>272
べつに持て余してもええやん
日本唯一の未開拓地みたいな感じでもいけるやろ(適当)
あって損することはないやろしな



569: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:26:04.04 ID:d/+EtHM20
シベリアあたりに文明国があったら良かったやのに 
鎖国でのんびりしてる間に欧州からはるばる千島まで露助がやってきてるとかね



206: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:34:49.12 ID:BnZrbWlj0
「ワイらが米国と戦ったら必ず負けるで!もう完璧に数字で出とるわ」
「でも油がなくなったら戦うことすらできんのやで?やるなら今や!」
「んーじゃあ戦うかー」

マジガイジ



219: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:36:32.03 ID:FcVaEJyhd
>>206
これ絶対合理性よりプライド重視してるよな



229: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:37:35.66 ID:j8LVOJyv0
>>206
民主主義国は普通すぐ厭戦になるんや戦争で死ぬの嫌やからな
だからちょっと太平洋で暴れれば、戦争行きたくないし日本もマジギレやから適当に講話にしようやって世論になるはずやったんや
なおリメンバーパールハーバー



263: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:41:44.54 ID:BnZrbWlj0
>>229
どのみちアメリカはこっちに介入したくしてウズウズしてたんやからいずれはメタメタにやられたやろ
真珠湾が奇襲になったのもアメリカ側が意図的にそうしたって話もいくつかあるわけやし



303: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:47:12.05 ID:iRantHi2d
>>263
色々説はあるが致命的なのは、三国同盟を結んでからのインドシナ侵攻だろうな
これにより後に対ソ連、中国の防共の防波堤として日本を見なすことはアメリカは出来なくなった



323: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:51:02.39 ID:7EXOKvg+0
>>263
ま~だこんなこと信じてる奴がいるのか
ル大統領が日本嫌ってたのは事実やけど国際政治上の判断を個人的な好悪で決めるような馬鹿ではないで



342: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:54:40.29 ID:pV2ncBRhd
>>323
ルーズベルト関係なく、投資先としてアメリカは中国大陸に介入したがってたやろ
桂ハリマン密約や日英同盟の発展的解消と九カ国条約にハルノートなんか中国大陸権益が問題のど真ん中にある



400: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:03:23.55 ID:7EXOKvg+0
>>342 
それは別に間違ってないで、やからワイも太平洋戦争の原因はシナ事変やと思ってる 
但しルーズベルト政権は対独戦控えて日本をアメリカ陣営に引き込むように色々と手は打ってるし 
その誘いの手を自ら跳ねのけてドイツとの協調を選んだのが日本なんやで 

ちなハリマンとの密約を反故にするよう小村に働きかけたのがS・ルーズベルトな



380: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:59:44.68 ID:WT6Rc0B70
>>342
言うほど産業界は中国を重視してないけどな
むしろ日中戦争初期は日米貿易への影響を考えて
制裁に産業界が大反対してたくらいや
中国利権に関心があったというハルは、
経歴を見れば分かるようにむしろ産業界とのつながりは薄い
産業界の代弁者グルーの方はコチコチの親日家でハルと対立するし
中国に夢を見てたのは一般世論の方やろうね



354: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:56:10.63 ID:BnZrbWlj0
>>323 
はあ?個人の好き嫌いなわけないだろ 
参戦して欧州を助けてやれば大きな貸しがつくれるし米国の軍事産業が潤うしでいいことしかない 
パールハーバーがどうだったかはともかく捏造してでもやらない理由はない。立場的においしいからや



420: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:05:53.00 ID:7EXOKvg+0
>>354
アメリカは日米交渉時に「三国同盟の厳密運用」を日本に求めてる
つまりアメリカはこれからドイツと(結果的に)戦争になるけど
その際日本はドイツ側について戦うようなことはしないでくれってのがアメリカ側の最大の要求



438: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:08:26.54 ID:iRantHi2d
>>420
なお大陸で戦火を広げつつ、仏領インドシナに侵攻し、アメリカをキレさせた模様



213: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:35:36.84 ID:0dy1ChMq0
日本に引き篭もってアメリカと対峙せずに
全力で大陸側に進行すれば良かったのに



265: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:41:58.43 ID:7EXOKvg+0
>>213
シナ事変こそが太平洋戦争の原因なんやで



325: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:51:32.71 ID:0dy1ChMq0
>>265
よう分からんのやけど
宣戦布告をせずにチマチマやり合ってたからアメリカがちょっかい出せたんやろ

日本捨てて全力で中国に進行してたらアメリカは中立国になるしかなかったんちゃうの?



361: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:57:33.34 ID:7EXOKvg+0
>>325
君の言ってることの意味がよくわからんのやが
アメリカが日本にモラルエンバーゴ発動したのがシナ事変開始から2年以上たってから
石油禁輸の原因となった仏印進駐は援蒋ルート遮断の為

シナ事変が拡大してなければ日本はアメリカと戦争する理由は無いんやで



298: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:46:47.15 ID:IFPPt2sI0
>>213
大陸側にもフライングタイガース(アメリカ義勇兵という実質アメリカ軍)いたし
こいつ等に原爆落とされて終了やろ
B29第一波も中国の成都からやし



300: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:46:52.12 ID:t7U37q6D0
満州アホほど石油出るのに東南アジアなんか目指しちゃって まあゴムがねえけど



446: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:09:45.28 ID:IFPPt2sI0
>>300 
東南アジアは精製技術と製油工場があった 
これを無傷で占領 
アメリカの石油禁輸の前に精製技術が禁輸対象になっていて 
日本は石油採掘してもガソリン製造ができない状態にあった



467: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:12:38.41 ID:7EXOKvg+0
>>300 
当時の日本の技術では掘れなかったとかなんとか



519: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:19:06.58 ID:IFPPt2sI0
>>467 
掘るとこは可能。地質調査できたかは知らん。 
ガソリンの製油プラント作るのが無理。製油技術はいち早く禁輸されて 
情報を得られなくなっていた



551: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:23:20.69 ID:WT6Rc0B70
>>519 
地質調査はしてたけど発見までは至ってなかったはずやで 
そもそも当時の常識では中国の地層には石油ないと言われてたし、 
肝心の石油系の地質学者や技術者は開戦が近くなると 
南に回されてしまって探査そのものも消えてしまった



244: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:39:01.26 ID:7yBjchL00
no title

特攻はやめようね!



249: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:39:51.24 ID:kWDEOaMua
>>244
特攻って何の効果があったの?



277: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:43:47.69 ID:IFPPt2sI0
>>249
1944年以降は特攻でしかアメリカ艦船にダメージ与えられなくなった
死者も特攻隊は3800名くらいだが
アメリカは1万名前後。負傷者含めると3万名近く死傷した。
これ思うとアメリカをあんまり批判したくない



308: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:47:34.24 ID:kWDEOaMua
>>277
戦果上げってるんか単純にビビらせるくらいかと思ってたわ



316: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:50:05.68 ID:IFPPt2sI0
>>308
特攻なしならアメリカ艦船の被害は半分以下やで
そのくらい通常攻撃が効いてない



251: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:40:01.55 ID:iiHFbtlad
戦後の日独の経済成長の一要因は喪失領地からの引揚者という事実

逆に英仏やオランダポルトガルなんかは植民地の維持が国内の発展の足枷になったのやぞ



261: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:41:25.52 ID:JZY6G3lB0
>>251
まあ全員丁度いい歳の男だしな
戦場の地獄っぷりを肌で感じたら本国で働くのが楽しかったのかもしらんね



264: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:41:56.90 ID:Rzpsia0o0
二次大戦での勝利は連合国側でええんやけど
一次対戦の同盟国側の勝利は見てみたいわ
どうなってたんやろなぁ



280: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:44:19.98 ID:EPRRAV490
>>264
オスマン帝国がもうちょっと延命してたやろうなぁ…



283: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:44:31.89 ID:9mXp9tYq0
>>280
ちょっとってレベルか?



322: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:50:52.59 ID:EPRRAV490
>>283
ガイジのエンヴェルとスルタン制が続くわけないやん
すぐさまバルカンが瓦解して終わりや



329: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:52:03.77 ID:Pzh8TvQZ0
>>322
そもそもトラキアはブルガリアがとってヨーロッパに拡大できんやろ



313: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:49:05.66 ID:D4fWWpgI0
結局戦前の5大国(米英独日仏)が戦後もそのまま5大国というのがWW2の無意味さを物語ってる
あの戦争マジで誰が得したんや。ソ連ちゃうんか



315: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:49:53.20 ID:o8OXBeyU0
>>313
1番人死んでるしそれくらいええやろ!



324: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:51:26.24 ID:cSpnsGW+0
>>313
いや欧州戦線は実質ソ連が勝利に導いたようなもんやろ
アメリカとかノコノコ後からやって来たけどソ連に比べたら火事場泥棒レベルのことしかやってない



335: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:53:08.75 ID:iRantHi2d
>>324
レンドリースとかご存じない?
相当な軍事物資をアメリカはソ連に支援してるが…



346: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:54:52.64 ID:JZY6G3lB0
>>335
ワイはレンドリースも大きいと思うがやっぱり比率としてはソ連が何とかやったって意見やな
アメリカのケツ持ちが無ければ負けてたかも知らんが



375: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:59:24.56 ID:IFPPt2sI0
>>346
ソ連が5年間で消費したガソリンの30%はアメリカ製
それが全部100オクタン…
まあ戦車はディーゼルやけど、アメリカ製の戦闘機や車両も
数千単位で提供されている
アルミ合金も5年間の半分がイギリス・アメリカからの提供
ソ連兵が死んで活路開いたのには違いないが
近代的戦いになったのはレンドリースの威力やね



396: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:02:09.06 ID:JZY6G3lB0
>>375
数千単位ってマジ?
ワイの勝手なイメージやけど独ソ戦線でm3leeとかm4なんかも活躍してたんか?全く想像つかんな



413: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:04:43.58 ID:iRantHi2d
>>396
主力のM4は渡していないはず
M3は評判は案の定悪かった…
それよりもやはり燃料と金属のレンドリースが凄まじく大きい、これがなければT-34の物量作戦は不可能



341: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:54:35.22 ID:AwCjAq1V0
>>324
確かフランスでどの国がもっとも勝利に貢献したかってアンケートとったら
戦後すぐはソ連が圧倒的一位だったのに10年くらいたつとアメリカが一位になってたってのがあったな
ワイも実際はソ連なんやろうと思う



358: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:57:01.94 ID:cSpnsGW+0
>>341
必ずレンドリース連呼マン現れるけど冷戦の時のイデオロギーとか影響引きずってるからやろな
そういうやつってアメリカ評価しているというよりソ連を過小評価してるイメージ



368: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:58:24.28 ID:pn9albVa0
>>358
正直、80年代後半からのソ連の失墜と後継国家のロシアの隠しきれない貧弱さ見てればそう思うのも無理はない



338: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:54:26.25 ID:TPKcHKpn0
ソ連とかいう戦勝国なのに桁違いな戦死者を出した国
日本もかなり戦死者を出した国だけど、ドイツほどではない。ドイツは倍くらい死んでる
当時のドイツは7000万くらいの人口。日本は朝鮮台湾合わせて1億火の玉と言ってたから
今の日本だと8000万くらいの人口だったと思う。本土が陸上戦になったら悲惨や



344: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:54:46.79 ID:5up9N8lb0
日本はまだましやけどドイツは歴史の授業やばそう
ドイツ人であることが原罪みたいに言われてそう



355: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:56:30.18 ID:pn9albVa0
>>344
むしろ逆や
あれはナチが全て悪いことになってドイツ国民も被害者や
でも、選んだ責任はあるから二度と繰り返さない教育



353: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:55:56.96 ID:d/+EtHM20
ミッドウェーとかそもそも何しに行ったのかもよく分からん
ハワイ攻略の橋頭保なのか、本土防衛の為の防海防空圏拡大なのか、アメリカの空母仕留めるのが目的やったのか
指揮官ごとに何が主目的なのか違う答えが返ってくる有様やったんやろ



385: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:00:41.25 ID:j8LVOJyv0
>>353
当時の帝国海軍のドクトリンは空母で敵を爆撃したり島嶼を制圧したりして敵を挑発し敵主力艦隊をを出てこさして艦隊決戦によって勝敗を決する事になっとる
これは日露戦争で日本海海戦で決着を付けたのと同じや
だからミッドウェーに至るまであらゆる諸作戦の目的は敵主力艦隊との艦隊決戦のお膳立てやで



403: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:03:37.44 ID:1+xGm76q0
>>385
それだとやっぱり大和武蔵作った資材で空母作った方が良かったと思うわ



430: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:07:26.52 ID:j8LVOJyv0
>>403
空母は艦隊決戦に参加できないから作っても意味ないんやで
後戦艦は同口径以上の砲を装備した戦艦でしか撃沈出来ないということになってたからどのみち戦艦は必要や
大和武蔵は46センチ以上の砲を装備した艦をアメリカが出してこない限り無敵なはずやったんや
なお



450: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:10:19.45 ID:1+xGm76q0
>>430
サンガツ 対空も駄目で対潜も駄目で帝国海軍ポンコツすぎませんかね



494: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:15:36.74 ID:j8LVOJyv0
>>450
その辺は思想上の違いやからしゃーない
アメリカだって当初は空母や対空の重要性なんて気づいてなかったんや
戦艦はより大きな戦艦でしか撃沈出来ないのは世界の常識やった
それを日本がマレー沖海戦でのプリンス・オブ・ウェールズの撃沈で覆したんや
アメリカにはそれを受けて空母を量産する工業力があった日本にはなかったそれだけや



499: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:16:28.77 ID:cSpnsGW+0
>>494
いやその前にすでに航空機が船舶沈めてるやろ



504: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:17:07.66 ID:j8LVOJyv0
>>499
マ?知らんかったわ
どの海戦や教えてクレメンス



511: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:18:14.09 ID:cSpnsGW+0
>>504
空襲やけどタラント



610: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:32:59.33 ID:lXywGn3K0
>>504
横からやけど手元の本で調べたら1940年に英国海軍が空母でイタリア海軍の戦艦沈めてたわ
亀レスすぎて答え出ててアレやけど



646: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:38:03.18 ID:IFPPt2sI0
>>610
それは停泊中やったからな
活動中なら沈まんと思ってたところに
中攻の魚雷がプリンスオブウェールズやレパルスを沈めた
日本側はその両艦対抗できる船舶を出撃させておらず
プロペラ機のみで対抗可能と示した形になった



447: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:09:50.97 ID:UwFX2VUs0
>>403
空母いけるやん!ってなってからすぐ切り替えて大和型戦艦改造して信濃作ったりしてたんやで
大艦巨砲主義にしがみついてた無能国家とか言われるけどそんなことは無かったんやで

なお



563: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:25:02.10 ID:IFPPt2sI0
>>447
それ以前に艦隊の定義を変更したからな
戦艦を撃沈できる能力があれば艦隊
つまり陸上攻撃機みたいな飛行機を艦隊と認識するようになっている
艦隊決戦 といっても単純な艦船の撃ちあいではなかった



493: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:15:27.53 ID:UwFX2VUs0
なお空母が台頭してこなかった場合は大和型に対抗したモンタナ級戦艦とかいうモンスターが就役する予定だった模様



496: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:16:00.79 ID:1+xGm76q0
>>493 
運河通れるん?



510: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:18:12.82 ID:UwFX2VUs0
>>496 
戦艦建造決定に合わせて新しい閘門作る予定だったみたいやで



517: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:18:55.28 ID:AwCjAq1V0
>>510 
はえーすっごい



513: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:18:40.24 ID:yMh4nLW4d
>>496 
超大和級とかいうプランもあったから多少はね?



525: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:20:02.73 ID:1+xGm76q0
>>513 
阿蘇とかワクワクするンゴねぇ 確か建造途中の写真が大和ミュージアムにあった気がするわ



366: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:57:51.14 ID:t7U37q6D0
ドイツとかいう日本の北方領土なんか問題にならんレベルで領土取られてる国
まあ元々奪ったものやからしゃーないけど



379: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 03:59:39.50 ID:xCaRhjiI0
>>366
大本になったチュートン騎士団領とかブランデンブルグ領とか殆ど残ってないしな



394: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:02:01.62 ID:Pzh8TvQZ0
>>379
ブランデンブルクは東の一部を除いてのこっとるで
チュートン騎士団領はもともとポーランドのもんやししゃーない



419: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:05:36.79 ID:iiHFbtlad
>>366
統一ドイツの大元源流ケーニヒスベルクベルクをぶんどられたのはかわいそうや



397: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:02:33.85 ID:t7U37q6D0
ドイツってなんか資源があるんか?
あんな陸続きの日本より小さい国がなぜあそこまでの国力を持ってるんや国民性か?



401: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:03:24.81 ID:QvC0a+CE0
>>397
それと人口ちゃうか



402: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:03:36.53 ID:Rzpsia0o0
>>397
国民性
技術力
生産力
外交力

このへんやぞ



406: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:03:57.39 ID:JZY6G3lB0
>>397
鉄鉱石なんかは取れるんじゃなかったか?
タングステンがないからスウェーデンイギリス航路封鎖のためのノルウェー侵攻だっけ



412: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:04:38.81 ID:t7U37q6D0
>>406
流石は鉄と血の国やね



418: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:05:32.37 ID:6M9FFo0y0
ドイツはソ連侵攻せんかったら全ヨーロッパ相手に余裕勝ちしたって凄いわ
日本ももうちょっとやりようがあったんじゃないか
アメリカ相手に特攻とかアホの極み



425: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:06:51.34 ID:Rdvp9Lj+0
>>418
大陸制覇したけどブリカスは倒せて無いゾ



489: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:14:53.07 ID:pwJJCOWR0
>>418
>>425
しばらく戦争せずに国力回復させてたらイギリスにも勝てるやろ
植民地いくらあったところで欧州全土の生産量のが上やろ



424: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:06:24.26 ID:8DJr5ZDF0
硫黄島、沖縄戦で水際作戦をやめて内陸持久戦に転換して戦果を出してるのに
本土決戦計画ではまた水際作戦に戻ってしまったのはなんでなんだろう



431: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:07:29.93 ID:cSpnsGW+0
>>424
そら都市部が海に近いとこにあるからやろ



515: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:18:46.71 ID:owM5GxuSr
末期は日本の制空権ガバガバで空襲されまくっとったんやろ? 
なら本州を艦砲で地上攻撃された事あるんか? 
本州に上陸して攻撃された事はあるんか?



527: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:20:18.37 ID:AxO/1U/u0
>>515 
釜石とか浜松とか艦砲でボコーされまくっとるぞ



459: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:11:23.84 ID:JFXdUHEM0
陸大出身のエリートが藩閥系追い出してから軍人の質落ちまくった事実
よっぽど教育が糞やったんやろなぁ



481: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:13:59.03 ID:7EXOKvg+0
>>459
一夕会とかいうそび糞
皇道派も結局ここからの派生やし



509: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:18:06.95 ID:GIMnVgS80
>>481
頭はええはずなのに政治音痴の過激な奴ばっかりの印象や一夕会
永田が生きてたら違った言う奴おるけど絶対ろくでもないことしてたわ



526: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:20:03.80 ID:7EXOKvg+0
>>509
永田評価してるやつの気が知れんわ
コイツが一番糞やのに



469: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:12:50.93 ID:lXywGn3K0
結局石原莞爾は有能なん?無能なん?



500: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:16:51.57 ID:7EXOKvg+0
>>469
石原は評価が難しい
盧溝橋事件前後の対支不拡大路線は正しいけど
そもそも拡大路線始めたやつらが石原の満州事変を真似してるわけやし
ワイは個人的には無能の烙印を押したい



524: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:19:55.85 ID:j8LVOJyv0
>>469
軍人としてはクソ有能や
優れた戦術家やし戦略家でもあった
尚且つ軍人勅諭を遵守して政治に一切関わらず政治的な視点さえ持たなかったんや
これは皇軍一の忠臣やで



553: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:23:28.01 ID:7EXOKvg+0
>>524
ツッコミ待ちかな?
干渉しまくりやぞ



534: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:21:22.65 ID:cSpnsGW+0
>>524
軍人としてクソなんやぞ
優れた戦術戦略家であったのは確かやろうが
軍人、組織に属していい人間ではなかった



573: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:27:01.84 ID:j8LVOJyv0
>>534
せやろか?良くも悪くも何だかんだ普通の軍人やぞ
皆ちょっと現代的な価値観で考えすぎやで当時の軍人は軍人勅諭があるから政治的な視点を持たないのは当たり前やし人名軽視するのも当然や
現代人的には総ガイジ集団である陸軍の中で際立って人でなしかどうかって言えばそんなかとないやろ



584: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:29:20.69 ID:7EXOKvg+0
>>573
政治的な視点を持たない
(世界最終戦争、黄金世界、満州領有論、北支領有論、あと大東亜共栄圏の思想の先駆け)

ええ・・・マジでいってるんか?



618: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:34:02.37 ID:j8LVOJyv0
>>584
その辺は全部戦争方法であって政治ではないやん
勿論戦争は外交の延長線上にあるわけで外交は政治の一部分であるわけやからそんな考えクソガイジやけど
一応当時の価値観的には分けて考えとったんやないかと思うで



647: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:38:11.46 ID:7EXOKvg+0
>>618
いやそう思うんなら一度読んでみてくれや
完全に政治思想家やで

あと政治への干渉はいっぱいやってるで
統帥権干犯問題とか2.26事件の後の皇道派粛清のついでに宇垣派閥を排除してるし



580: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:28:39.66 ID:cSpnsGW+0
>>573
君のほうやろ現代的な価値観で語っとるんは



604: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:31:50.52 ID:j8LVOJyv0
>>580
じゃあ君はどこが軍人としていけなかったと思うんや?
抗命とか危険思想とかか?でもそれは何だかんだ出世しとることを考えれば致命的ではないと思うで



674: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:41:46.76 ID:7EXOKvg+0
>>604
横からですまんけど軍令違反や軍令の意図的な握り潰しは軍人として最低の行為やで



641: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:37:15.69 ID:WT6Rc0B70
>>604
組織人としては正直向いてなかったと思うで
第二部長時代には部内を組織改編して摩擦を増やすのは論外
(退任後に案の定というか新設の戦争指導課は事実上解体)
満州事変の件でも領有案からコロッと独立国案に変わって
周囲の同志を激怒させたように思いつくと周辺への配慮や根回しが全く欠けてる
大体第二部長前もロクに中央経験ないしその後は飛ばされてるから
いかに中央省庁の官僚的な軍人と折が悪かったかが分かる
作戦家、思想家としてはともかく組織人としては正直アカンよ



630: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:35:57.18 ID:cSpnsGW+0
>>604
そんなやつがなんだかんだ出世しとるような組織での評価内容なんて当てにならないと思うんですが
ちゃんと読んでないだけなんやろけど、ワイは戦略家(成功するとは言ってない)としては優秀だと認めてるんやで



649: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:38:20.01 ID:j8LVOJyv0
>>630
ワイはちゃんと読んどるつもりやで
君の言う組織に属していい人間じゃなかった理由を聞きたいんや
本当に組織に属していかんような人間なら出世するわけないやん
元々石原は変わり者で有名やったわけやしその上組織に馴染めんような人間なら上へ行くはずがないやろ



662: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:40:14.88 ID:cSpnsGW+0
>>649
そりゃ成績良けりゃ出世するやろ
でもあの成績で結局大将になれないのは組織人として問題あったに決まってるやん



695: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:44:22.70 ID:j8LVOJyv0
>>662
東条が気に入らないからクビにしただけやろ
一個人に嫌われてクビになっただけやのに組織人として問題あったとは言えんやろ
むしろ問題あるのは有能な人材を嫌いだからクビにする東条やろ



734: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:51:34.39 ID:7EXOKvg+0
>>695
東條は永田の子飼いみたいなもんなんや
石原は永田と元々似たような考え方持ってたけど段々考えが変わってきて
永田が敷いた路線を石原が否定するようなことをやり出したから
東條、武藤らの永田信奉者達に嫌われて予備役回されたという流れやったはず



514: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:18:44.77 ID:2a4GvEGK0
石原莞爾なんかは満州を開発して経済成長を経てからアメリカとの最終戦争を70年代に想定してたらしい
あそこは石油もあるからいいところまでいけたかもしれんがまあそれでも負けるやろうな
それを30年も早くにやってしまった日帝さん😭
勝てるわけないんだよなあ



471: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:13:05.55 ID:9iuUDTJw0
ほぼ無傷の世界最強陸軍を中国大陸で遊ばせたまま試合終了したらしい



508: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:18:01.90 ID:8DJr5ZDF0
>>471 
なお大陸に送られる補充兵は10人に小銃が2丁とかソ連軍以上にヤバイ状況だった模様



505: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:17:30.59 ID:69YpG+Ez0
日本だって人口だけ見たら当時から結構でかい国やろに、なんでヨーロッパの国はあんだけ領土持っててしっかり維持できてたんや



520: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:19:18.19 ID:CVDwdQQs0
>>505
植民地管理が上手い、直接管理せずに人種優遇してそいつらに管理させて自分たちにヘイト向けさせなくしてたとか



522: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:19:37.42 ID:FpR+IgyS0
そういや何故か日本がブチギレたワシントン会議も他国からすればキレる理由が
分からんくらい日本に有利にしてやってたのにな
あれを日本側から突っぱねたから太平洋戦争であれだけ悲惨な状況になっても
ぐうの音も出ないくらいアメリカ大正義になったんじゃん



547: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:22:51.47 ID:CVDwdQQs0
>>522
せやで、海軍の条約派はそれが分かってたが艦隊派が大多数やった



566: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:25:24.03 ID:WT6Rc0B70
>>547
組織利益=組織の拡大と捉えるならば
艦隊派が組織利益の代弁者であり条約派は獅子身中の虫になるからね
海軍内で少数派なのはしゃーない
それでも本来的には周囲との調整を重ねてあるべき規模を考えんといかんのやけど
そら海軍反省会でも「海軍あって国家なし」なんて自嘲してしまいますわ



533: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:20:56.12 ID:Rzpsia0o0
これほんま草生える
なくなられると一番困る国らしいでー
no title



548: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:22:53.21 ID:2a4GvEGK0
>>533
相思相愛やんけ



545: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:22:44.96 ID:pwJJCOWR0
>>533
最大の貿易相手国やぞ



554: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:23:32.08 ID:Rzpsia0o0
>>545
つまり最愛の国やろ
これなくなると下手したらデフォルトとか起こるで



557: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:24:22.60 ID:k73H/dzH0
>>554
はえー大東亜共栄圏



561: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:24:36.63 ID:kWDEOaMua
>>533
これ見たら米中戦争なんか起きないわな



575: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:27:29.90 ID:VLqWVytN0
>>561
中国が日本と密約取り付けてアメリカに突っ込むシナリオはあるんちゃう



596: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:31:02.75 ID:/JtADKWf0
>>575
あれだけ反日されてるのを見てる日本人が中国と手を組むとは思えんわ



608: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:32:43.57 ID:VLqWVytN0
>>596
ワイは第三次始まったら即中国に飛び付くべきやと思ってるけどな
大戦の恨みは大戦の恩で消えるで



654: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:39:01.52 ID:AxO/1U/u0
>>634
結んだらまーた70年前みたいに制海権丸々取られて潜水艦に日干しやで
世界の海握ってる奴から離れたらアカン



658: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:39:45.23 ID:VLqWVytN0
>>634
消し炭にされる可能性考えたら不満の捌け口ぐらいかまへんわ
それにこっから人の減ってく国やから燃えカスにされへんかったらなんでもええわ



562: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:24:48.63 ID:VLqWVytN0
>>533
ドイツのオランダで草



567: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:25:46.03 ID:yMh4nLW4d
>>562
ダッチワイフやろなあ



574: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:27:04.54 ID:k73H/dzH0
>>567



578: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:28:26.80 ID:GCl5Lm5O0
日本軍「軍のために物資買わせてや、支払いは軍票で」

軍票「ワイら増殖しすぎてとんでもないインフレになったンゴwwwww」

日本軍「アカン撤退する羽目になって軍票の支払いできなくなったわwwww」

こういう地味な形で略奪してたケースが相当多い



583: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:29:14.60 ID:yMh4nLW4d
>>578
地味ですかね、、、?



619: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:34:11.62 ID:GCl5Lm5O0
>>583
ヒャッハーな感じで略奪にいそしむよりこう平気で悪気なく無神経なことして多大な被害をもたらすあたりがなんか日本型ブラック企業に通じるとこあるやん?



638: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:37:03.03 ID:bMS6hCNX0
米国と戦って勝つための資源を中国から奪取するンゴ
中国と戦って勝つための資源を南方から奪取するンゴ
南方の資源を獲得するためにアメリカと戦争するンゴ
あのさぁ…



655: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:39:07.30 ID:yMh4nLW4d
>>638
スケジュールにリソースを無理やり合わせるスタイル



687: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:43:28.19 ID:GCl5Lm5O0
石原莞爾は武人としては優れていてカリスマがある
軍人としては命令無視やら勝手な行動やらで最悪
しかし反東條というポジションが幸いして生き残って持ち上げられた

こんな感じやろ



699: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:45:47.84 ID:GCl5Lm5O0
めっちゃ叩かれてるがよく見てみるとまあ糞なとこは糞だがわりといいとこもあったんやなと思える男 東條英機

めっちゃ持ち上げられてるしまあいいとこもないわけじゃないけど調べれば調べるほどロクでもないやつだと気づく男 石原莞爾

知ろうが知るまいが満場一致のロクデナシ 牟田口廉也



713: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:47:55.34 ID:7EXOKvg+0
>>687>>699
ワイも大体こんな認識や



721: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:48:59.75 ID:cSpnsGW+0
>>713
ワイも
でも石原莞爾評価する奴の気持ちも正直分かる



723: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:49:17.39 ID:AxO/1U/u0
ヒデキは平時やったらそこそこ無難な総理になったかもわからん
石原は選挙では大旋風巻き起こすやろうけど、その後の政権運営はしっちゃかめっちゃかやろな



707: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:46:50.00 ID:GCl5Lm5O0
日本史で藤原氏の活躍シーンを見ても「でもこいつらの家系近衛文麿輩出しやがったんだよなあ」と思ってしまって活躍に集中できない
かなC



757: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:55:30.08 ID:m5pGJ1Ug0
結果論としては日本はどこら辺で引いとけば良かったん?
日露戦争くらい?



764: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:56:29.19 ID:7EXOKvg+0
>>757
ワイの考えでは満州まではギリ確保出来たと思う
但し政治的なやり取りはかなりシビアにはなる



771: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:57:40.95 ID:yMh4nLW4d
>>757
満州をアメリカと共同運営がギリギリかと思う



794: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:02:40.05 ID:5BKvuDeq0
>>771
共同経営を締結した人が片っ端から暗殺されそう



824: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:09:25.28 ID:7EXOKvg+0
>>794
そんなこと無いで
共同経営は当時の日本の政治家はみんなそう思ってたし小村寿太郎も実はそうなんやで
なんせ金が無かったから
ハリマンとの約束を反故にしたのは実はセオドア・ルーズベルトの助言に従っただけや



781: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:59:47.02 ID:GCl5Lm5O0
リットン調査団を受け入れて満州権益をそこそこ確保してまあ手打ちってのが現実路線やったな
ただ日本は経済政策で恐慌からの脱出は結構早かったらしいが
それでも経済行き詰ってた背景には何かあったんかね



801: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:04:38.27 ID:WT6Rc0B70
>>781
軍事偏重の予算配分と、財閥偏重の産業政策に限界があったということやろうね
前者は憲法上いかんともしがたい
後者はちょっと前の新党ブームみたいに出てきた無産政党に期待されたが、
イデオロギーに拘って分裂したりヤクザの親戚みたいなのが汚職で捕まったりと
ロクなことはなく批判票の受け皿がなかったというね



788: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:02:16.72 ID:MgaTJC2g0
満州確保しつつ戦争は起こさない程度に中国内の対立煽って軍閥割拠状態を長引かせるくらいの政治力が欲しかった 
身も蓋もないこと言えば日本がどれだけ頑張ろうが統一した中華がガチった時点で絶対にアジア一位になるんやから中国分裂させることに全力注ぐべきやったわ



782: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:00:15.17 ID:7aIpJpQY0
大東亜共栄圏てのは結局正当化のための嘘っぱちってことでいいの?



792: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:02:31.72 ID:yMh4nLW4d
>>782
他の殖民地政策と比べると、嘘ではないように感じるんやけどな
本当のことは当事者しかわからんやろ



811: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:06:26.28 ID:7EXOKvg+0
>>782>>792
「自分たちがやってる植民地政策はよその国とは違うんだ!」っていう正当化は
植民地持ってたすべての国が言うらしい



816: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:08:03.22 ID:yMh4nLW4d
>>811
後ろめたさは共通しとるわけやな



803: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:04:46.94 ID:GCl5Lm5O0
そういえば当時の日本
・ジュネーブ条約を批准しなかった(準用するとか言いつつ準用とは何だったのかレベルの扱いだった。というか準用とか言うなら批准すればよさそうなもの)
・負けてて物資欠乏してたのもあるが捕虜の死亡率が他の国に比べてかなり高かった
・ヨーロッパ各国を破竹の勢いで侵略するナチスドイツを見てワイもと手を組む

と、割と国際社会から非難されるポイントを的確に押さえてる感はあるな
まあ戦争はやめようやって言ってた国も植民地いっぱい持ってたりしてたし日本だけが全面的に悪いわけじゃないけど
日本やドイツの声を簡単に表すなら「ワイらにも植民地寄越せや」という感じやな
ダサいし時代遅れだし悪といえば悪だが日本やドイツだけが悪だったわけでもない



818: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:08:16.29 ID:UVAPnzGO0
>>803
本来は反共を旗印として
イギリスドイツ両方面から反共でまとまろうって外交してたんやが
担当者がの意思もまとまらないスタンドプレイばっかりだったので
イギリスは「こいつらなにをやろうとしてるんや…」って途方にくれたんやで



829: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:10:20.20 ID:GCl5Lm5O0
戦争そのものに比べてあまり話題にならないが戦前の大日本帝国の移民政策はかなり酷い



831: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:10:51.28 ID:WT6Rc0B70
>>829
あれは移民じゃなくて棄民だからね、しょうがないね



847: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:14:46.93 ID:GCl5Lm5O0
>>831 >>838
南米のフロンティアで豊かな生活をと思いきや荒地同然の場所だったとかいうアレやな

満州方面でも戦局が悪化したときに軍が国民を見捨てて逃亡して今なお続く中国残留孤児問題を生み出した模様



838: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:12:44.93 ID:+gQa0BWR0
>>829
取り敢えず南米送っときゃええやろの精神



843: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:13:51.07 ID:UVAPnzGO0
>>829
歴史でもやらないから知らないかもしれないけど
勝ち組負け組でのブラジル移民の狂乱は本当にやばい
しかもあれは単純にインテリvs反インテリみたいな部分も含んでるし



883: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:23:16.73 ID:UVAPnzGO0
ブラジル移民「地球の上で戦争がおわったらしいで」 
ブラジル移民(勝ち組)「なんやめっちゃ日本が大和魂で勝ったらしいで」 
ブラジル移民(負け組)「いや、この英字新聞よんでみ…敗戦やんけ!」 
勝ち組「あ!?祖国が負けたとかいうんか!!!」 
負け組「え…だってラジオとか聞いてもそうだし…」 
勝ち組「そんなのは嘘情報や!」 
負け組「え…でも」 
勝ち組「それ以上いったら殺すぞ!」 
負け組「ヒェ!?」 



これを繰り返して死者もでて、正式に勝ち組が敗戦を受け入れたのが1955年とかいう



888: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:23:57.12 ID:UVAPnzGO0
>>883 
上でじゃねえや 
裏や



900: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:26:45.73 ID:yMh4nLW4d
>>883 
帰るんなら現地通貨要らんやろ、円に変えたるわ! 
とかいう畜生に全部巻き上げられた模様



835: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:12:12.51 ID:j8LVOJyv0
石原も辻も永田も牟田口も叩かれ過ぎやろ
クソガイジなのは確かやけど優秀だったのも事実やろ何でそこすら否定するんや
そもそも奴らは一軍人でヒトラーやスターリンと違って使われる身やぞ
使われた方やなくて使った方が悪いんやぞ



857: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:16:04.99 ID:7EXOKvg+0
>>835
その擁護が割と当たってるのは牟田口だけや
他は「使われる側」のくせに命令無視しまくってるから擁護が難しい
辻なんか命令の偽造とかやってるしな



872: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:20:12.88 ID:yMh4nLW4d
>>857
牟田口はピーターの法則を全力で体現しとるな



867: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:18:33.98 ID:j8LVOJyv0
>>857
その辺含めて上司の責任やとワイは思うんや
それが出来ないならとっとと放逐すべきやったんや
言うこときかすことも出来んのに優秀やからって可愛がって飼い犬に手を噛まれる
これほど無能な話があるやろうか



876: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:21:07.61 ID:7EXOKvg+0
>>867
それが出来なかったのが大日本帝国政府の欠陥やな
無法者に法律振りかざしても意味ないって事がはっきりわかる



898: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:26:31.34 ID:j8LVOJyv0
>>876
天皇陛下というあやふやなリーダーの考えを勝手に皆が想像して勝手に動いたのも原因やろな
一応の政府首班であった総理も別に他の大臣より明らかに優越する権力を持ってたわけなないし
強力なリーダーが不在やったから飼い主さえもあやふややった



895: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:26:14.03 ID:1OvNgEUuM
開国から発展しすぎて追いつけてないわ
まあそうでもしないと他国に飲み込まれる時代だったのかもしれんが



899: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:26:34.74 ID:UKbNdCpF0
歴史のことよく分からんけど日露戦争でやめておけばよかったんやないか
圧力かけられたりで安泰とはいかんか



909: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:28:38.32 ID:CVDwdQQs0
>>899
無理やな、現実知らされてなかったにしろ大勝利のはずの講和で焼き討ち起きたやん



919: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:30:35.72 ID:D07OtrvM0
>>899
日露で止まっとったら家計が火の車やから終わっとったんちゃうか
全然取れんかったからな



923: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:32:34.62 ID:UKbNdCpF0
>>919
そうなんや
そういえば国民は戦争勝利で国として物凄い報酬得られると思ってたとか本で読んだわ



954: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:43:58.57 ID:KYW18/fC0
歴史とか見てると大衆ってほんまに現実見えてないよなぁ
ワイらも未来から見れば愚民なんやろなぁ



973: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:50:49.33 ID:pfku6aTb0
ハワイ王家との婚姻が成立してたら歴史はどうなってた?



979: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:52:32.03 ID:yMh4nLW4d
>>973 
多分もっと早く日米で開戦してたかも知らん 
アメリカ的にハワイは譲れんもの



747: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:53:46.61 ID:PNWTwLL90
なるほどなぁ 
理想論過ぎてもはやお花畑だけど皆が仲良くニコニコな世界が来たらええなぁ



772: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:58:04.69 ID:GCl5Lm5O0
>>747 
暴力の人類史という本によると時代が経つにつれて戦争や武力衝突は減ってきているらしい 
ただ戦争の頻度と被害は冪分布になるようで、だから大規模な戦争が起こる確率も天文学的に低い数字にはならず、その例外が第一次世界大戦と第二次世界大戦だったんだとか 
(逆に近現代の政府は割と戦争回避に熱心でキューバ危機とかも回避されている) 

理由はいろいろとあるが交易などの経済体制がどんどん確立していって相手が死んだほうがいい状況よりも相手が生きてたほうがいい状況のほうが多くなってるってのも一因らしい 
限られたパイを奪い合う略奪万歳の世界からみんなが勝ち組になりやすい世界への転換やな



783: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:01:01.58 ID:2a4GvEGK0
>>772 
ゲーム理論の基本やな 
相手に利する行動の方が最終的なパイの配分がでかくなる



817: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:08:10.85 ID:GCl5Lm5O0
>>783 
ちょうどゲーム理論も紹介されてたで 
変わったところでは出版革命で未知のものを知りやすくなったり現実フィクション問わず違う立場の人間のことを考えやすい状況が増えたりした 

あとわりと幻想を抱かれている狩猟採集社会は別に暴力が少ないわけでもなくむしろ結構畜生な面が多々あった 
そういう人たちも特別残酷だからそうするというよりは社会のシステムがそうさせてしまうんだろうけど



851: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:15:24.49 ID:PNWTwLL90
>>772 
はえ~その本おもしろそう 
ちょっとずつでも良い方向に向かってるんやね



879: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:22:17.41 ID:GCl5Lm5O0
>>851 
まあ若干疑問がある点もなくはないが(たとえば文中では男性のほうが争いに肯定的とされるが女性が平和的かというと一概には言えないのではないか、女性も争いに勝利できる男性を選好することで間接的に争いの要因となっている可能性があるのではないか、とか) 
全体としては面白い本なので一読は勧められるで 

近代以前の戦争とか事件とかは記録の量が乏しいから被害が大きくなかったように見えやすいが実際は世界大戦前にも当時の人口比で見ると相当大規模な事件はいっぱい起きてたらしい 
作中で言及されてた「当時の世界人口と被害の比」で最悪だったのは唐の安禄山の乱



884: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:23:31.50 ID:7EXOKvg+0
>>879 
はえ~太平天国の乱超えてるとは意外やね



762: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 04:56:16.67 ID:lXywGn3K0
戦前経済史でいい本ないんかな 
政治史はあってもあんましないんよな



795: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:03:02.07 ID:n+hQ0qKAa
>>762 
どこの時代か知らんけど概説日本経済史とか昭和経済史とかええんとちゃう?



946: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:39:44.03 ID:lXywGn3K0
この時間ならなんjも割とまともなんやなあ
昼間とかぜってえクソみてえな煽りあいやわ



948: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:40:45.17 ID:7EXOKvg+0
もう夜明けてるぞ
夜中に目が覚めてちょっとなんJ覗いたらこれだよ
三連休の中日だっていうのに何やってんだろ・・・







転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1500141255/